洗髪にすすめているある石鹸のコピーがひじょうにへんです

2020年06月23日

最近ネットの広告でみかけるコピーが、なんだかとてもへんなんです。

「シャンプーをやめて、この石鹸で洗おう」というものなのですが、その宣伝文句が
・濃密泡が毛穴をふさがない(シャンプーはふさいでいたの?)
・頭皮の奥まで美髪成分を届ける(洗うのが目的では?)

よくこうした矛盾のある宣伝をみるのですが、ちょっと考えたらだれでもおかしいと気づきますよ。

汚れを落とすための泡が、どうして毛穴をふさぐんですか? ふさいじゃったら毛穴の汚れが落ちないですよね。
シャンプーの泡も、石鹸の泡も、泡は泡。そんなに構造が違うわけがないのでは。

touhikouzou.jpg



それから、髪に良い成分を補給できることを謳っていますが、いつもこの矛盾に閉口してしまうのだけれど、
「洗うこと」と「栄養を中にいれること」とが、同時にできるんでしょうか??

そもそも毛髪の毛穴のしくみからいって、外から頭皮や髪の毛そのものに何か成分を送り込むなんてことはありえません。そんなことが出来たら危険だし、かえって恐ろしいです。

肌も髪も、体内から血液をつたわって成長のための栄養が届けられているのです。古い細胞と新しい細胞が入れ替わる「新陳代謝」もそうやって行われるんです。

「美髪を育てる」というならば、肌や髪の毛に良い栄養を口から摂取しなければそうはなりません。

石けんで髪を洗うなら、そらフェイシャルソープがおすすめ。
機能性が高いのが特徴の石けんで、きめの細かい泡が毛穴の奥の汚れまでキレイに落とします。

そらフェイシャルソープ 詳しくは →

★ 初めての方は、初回半額でお試しいただけます。

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | オススメ!石鹸で洗髪

シャンプーバーってなんだかわかります?

2020年05月01日

「シャンプーバー」ってなんのことだかわかりますか?
石鹸シャンプーのことを一部でそう呼んでいるようです。食べるアイスも棒についたのを「バー」って呼んだりしますね。

固形シャンプーとも言うみたいですが、固形のシャンプー??ってイメージがわかないですよね。

調べてみると、イギリスのコスメメーカーが3年前に一度ブームの仕掛けをしたようですが、あまり流行らなかった(聞いたことがないですもんね)。去年の今頃も、今度はニュージーランドからこの「シャンプーバー」という言葉が上陸(?)したそうですが、やっぱり広まらなかったですね。

で、またもやあるコスメメーカーが仕掛けてきましたよ。

「シャンプーを卒業した人が使う石鹸…」
「石鹸で髪を洗う人が増えています」


でもね、石鹸で髪を洗うってやってみるとわかるけど、そう言うほど簡単じゃ無い。このコピー書いている人は自分で実際にやったことがあるんだろうか? 疑問に思います。

『固形のシャンプーなら、プラスティック容器が無くなって環境にいい』。というメーカーの宣伝。
エコになるって言われて、ハードルがめちゃ高い「石鹸洗髪」にトライする気になるだろうか??

それでもシャンプーは嫌だから、石鹸で髪を洗いたい!
っていうのは、石鹸洗髪する強い目的がなかったら続かないのだ。

髪が傷んだり、抜け毛や薄毛はシャンプーのせいではなかろうか?
石鹸で洗うことが髪と頭皮にいい影響があるのだったら、ちょっと大変でも挑戦してみよう!

という気持ちが無いと、石鹸洗髪にはおいそれと手が出ない。

石鹸洗髪を応援する そらフェイシャルソープ →
ほぼシャンプーと同じような使い心地なので、石鹸洗髪初心者でもだいじょうぶ!

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 14:19 | オススメ!石鹸で洗髪

石けんで髪を洗うと、なぜきしむのか?

2020年04月19日

石けんはアルカリ性です。汚れはアルカリ性でよく落ちるので、その点では理想的。
でも、髪の毛のキューティクル(鱗状の)が開くので、そのまま手ぐしを入れようとすると、髪がひっかかり滑りが悪くなります。

でも汚れを落とすという観点からみれば、キューティクルも開いて髪がきれいになるってことですね。

このあとすすぎをして、クエン酸リンスをするという行程が欠かせないのです。クエン酸は酸性です。アルカリ性になった髪の毛を酸性で中和してあげるのです! そうすれば、キューティクルも閉じて指通りがよくなります。

ただ、この「手ぐし」ですが、習慣で癖になっている方もいるようですが、あまりしないほうがいいと思います。髪に摩擦を起こすだけで意味がないのではないでしょうか。

そらフェイシャルソープで石けん洗髪をする場合、ふんわりした泡が沢山たちますので、とても洗いやすく、ストレスは感じません。それから、普通の石けんで洗おうとすると洗髪中に「石けんカス」が出来てしまい髪にくっついてべたべたすることがあるのですが、そらフェイシャルソープは「石けんカス」が出来ないような成分(安全な成分)を配合しています。

名前は「フェイシャルソープ」ですが、販売をはじめたら、なんと洗髪に向いていることがわかった!
最近ではお客様の中にも、髪を洗う方が増えてきています。

薄毛、抜け毛、猫っ毛、ボリュームでない、白髪増える一方… など中高年女性の髪の悩みは、皆さん共通しているのではないでしょうか。
若い方はおしゃれ先行で、なかなか切り替えがつかないかもしれませんが、30代を越えたらこの先の髪の健康を考えて「脱シャンプー、石けん洗髪」をおすすめします。

私自身、切り替えてもう6年になります。始めてからすぐに、抜け毛が減って、髪の毛にツヤがでてきました。続けるうちに白髪もだんだん減ってきて、今ではほとんど目立たないくらいまできました。

シャンプーはほんとに髪と頭皮によくないです! 成分を見てみれば「毒」ともいえるような成分がたくさん入っています。頭皮の毛穴は、身体の毛穴よりも何倍も大きいといわれていまして、そういう毒物が毛穴から侵入していると思うと、恐ろしくないですか?!

石けん洗髪が続けやすい そらフェイシャルソープ →
★ 初めての方は初回半額でご購入いただけます。

sopuotamesi.jpg


プロ写真髪.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:23 | オススメ!石鹸で洗髪

石けんシャンプーってどうなの?

2020年04月14日

シャンプーなどは石油系合成界面活性剤、その他複数の界面活性剤が使用されていますが、「石けん」と名がつくものはたいがいヤシ油など植物系の界面活性剤が使われています。

両者はまったく異なる性質の洗浄のしかたである、と思っていただいていいと思います。

石けんで洗髪をしようと考えたときに、手軽な「石けんシャンプー」を使うかたもいらっしゃると思います。それでも良いでしょう。シャンプーよりずっと髪と頭皮にいいですから。

でも、そらフェイシャルソープのように、一手間でも石けんを泡立てて洗髪したほうが、よりベターだと考えています。なぜなら、石けんシャンプーは界面活性剤は石けん素地由来の植物系の界面活性剤かもしれませんが、シャンプーの状態である以上、水が多く配合されています。水を入れるということは「腐敗」も考えて防腐剤もいれなければなりません。石けん成分をあらかじめ薄めて入れていることになるので、割高になるのではと思いますし、よけいなものが入ることで、せっかくの石けん洗髪の良さが削がれるではありませんか。

確かに一般の石けんで洗髪しようとすると無理があるかもしれません。手や身体を洗うのならそれほど泡は必要ありませんが、髪の毛を洗うとなるとふんわりした泡がないと洗いにくいからです(髪が長いとなおさら)。それに、洗い上がりもキシキシして嫌な感じになります。

そらフェイシャルソープでは、特別な成分であるチタンペーストを石けんに練り込んであり、そのおかげでふんわりして、しかもへたりにくい泡が沢山たつよう考えられています。

ですから、従来の石けん洗髪のイメージとは違い、ストレスを感じずに石けん洗髪が出来て、快適に洗えるので途中で挫折することなく石けん洗髪が続けられます。

石鹸洗髪では、年単位で継続することが大事です。なぜなら、これまで何十年にわたってシャンプーやコンディショナーなどでダメージを受けている、髪や頭皮が自然治癒力で戻るためには、数年かかるからです(少なくとも半年以上)。

一般の石けんで石けん洗髪に挑戦しても、やりにくいのでやめてしまいがち。だから結果がでないし、石けん洗髪にいいウワサがたたないのかなと思います。

今まで、他の石けんや「石けんシャンプー」でチャレンジしたけど途中でくじけた方、石鹸洗髪は初めてと言う方、ぜひそらフェイシャルソープでお試しください!

汚れ落とすしくみ.jpg


そらフェイシャルソープ 詳しくは→
★初めてのかたは初回半額でご購入になれます。3ヶ月くらい使えます。

sopuotamesi.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 09:38 | オススメ!石鹸で洗髪

今の時代の 新しい考え方「石けんで洗髪する!」

2020年03月16日

今のように髪をシャンプーで洗って、リンスやコンディショナーで仕上げるというのが普通になったのは、50年前くらいのことでしょうか。

昔はシャンプーなんて無かったので、皆石けんで洗っていたと思います。
ですから、髪を石けんで洗う、なんていうと古くさいイメージがつきまとうのかもしれません。

でも今石けん洗髪を提唱しているのは、昔に戻るという意味ではありません。

髪や頭皮の健康を考え、アンチエイジングを積極的に考えてのことです。年齢とともに抜け毛が増え、髪の毛が細くなりボリュームが無くなってきます。これってもしかしたらシャンプーのせい? と気づく方もいらっしゃると思います。

そう疑って成分をみれば、なにやら難しい横文字や数字の成分が、羅列していますよね。

食べ物にしろ、体に触れるものにしろ、化学成分や石油系の合成成分はからだに悪い影響を与えるということが、だんだんと広く知られてきていますので、シャンプーなどのヘアケア製品の弊害を疑うのも自然な流れ。

髪の毛にも頭皮にも、もともとの自然治癒力が備わっていますので、長年のシャンプーでダメージを受けていても、それをやめれば、自ら回復しようという力が働き始めます。

石けん洗髪は、髪がきしみ、べたつき困難がともなうと思われがちですが、一般の手洗いの石けんで洗髪するわけではありません。

石けん洗髪にも十分快適に使えるように、高機能な石けんもあります。泡立ちもシャンプーに劣らずふんわりとたっぷりの泡がたち、石けんかすもでません。石けんの利点であるアルカリ性で汚れをすっきり落とすことができます。クエン酸をつかった簡単なリンスをすれば、きしみもなくさらさらに仕上がります。

石けんと泡


プロ写真髪.jpg


私自身、そらフェイシャルソープで洗髪するように切り替えてから、早くも6年が経ちました。白髪が目立っていた頭も黒々とツヤのある髪になり、白髪染めもしなくてすむようになりました。

最初の1ヶ月くらいは、べたついたり、髪がごわついたりしましたが、慣れてくると石けん洗髪はほんとに手がかからず楽ちんです。髪に悪い成分をよせつけていない安心感もあります。

髪と頭皮ダメージに悩むかたには、脱シャンプー&石けん洗髪をおすすめしたいです!

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 14:52 | オススメ!石鹸で洗髪

中高年の髪の悩みには頭皮の健康(スカルプケア)が大事!

2020年02月13日

お早うございます。そらの新藤です。
今年はやはり温かいですね。家庭菜園のスティックブロッコリーに菜花が咲き出しました!

さて、50代60代女性の髪の悩みと言えば、
・髪の毛の量が減った
・髪が寝てしまってスタイリングしにくい
・髪が細くなった
・抜け毛のせいで髪の量が減りボリュームがでない

などなど、まだあるかもしれません。

今、清水ミチコさんと森山良子さんのCMで話題のウィッグ(つけ毛、部分かつら)なんかもありますが、カモフラージュだけで根本的な解決法にはなりませんね。

どうしてこのような状況になってしまうのか?! 髪の毛、頭皮が健康で無いことがいちばんの原因だと思います。老化がすすんでいるとも言えるかもしれません。

髪の毛を改善するには、それが生えてくる「頭皮」を良くする必要があります。髪の毛そのものをどうこうしようとしても、ムリですね。細いとか早く抜けるとかっていうのは、髪のせいではなくて「頭皮」にあります。

栄養が悪ければ、太くしっかりした髪も生えてはきません。頭皮の状態を良くすれば、毛根の状態も良くなり、丈夫でちゃんと育つ毛が生えてくるのです。栄養も髪の毛に届くようになります。

そうなるには、シャンプーやトリートメントをはじめ市販のヘアケア製品の使用をやめることです!

ええー! と思うでしょうけれど、そもそも頭皮や髪にダメージを与えているのがそれらヘアケア製品だと思うからです。カラーリングや白髪染めもものすごく頭皮を痛めつけています。

なぜそう言えるかというと、6年前に脱シャンプーして石けん洗髪に切り替え、その後まもなく白髪染めも止めてきたところ、今では髪の毛はつやつや、ふさふさですし、白髪もほとんど目立ちません。年齢はもう50代後半になっています。

だから、髪の悩みは「歳だから…」ではないのです! 原因になっているであろうものを遠ざけて、髪と頭皮の健康を取り戻すために、もっとも自然な洗髪方法である「石けん洗髪」をおすすめします!

石けん洗髪には、そらフェイシャルソープがおすすめです。
チタンペーストが練り込まれていてきめ細かい泡がたち、洗っている感触はシャンプーとなんら変わらないです。さっと湯で流れ泡切れがよいので洗髪もラク!簡単に作れるクエン酸リンスで仕上げれば、それだけでサラサラの髪になります。

そらフェイシャルソープ 詳しくは →
★初めての方は初回半額お試しがあります!

sopuotamesi.jpg


プロ写真髪.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:25 | オススメ!石鹸で洗髪

石鹸洗髪のやり方変更のお知らせ!

2019年12月13日

こんにちは、そらの新藤です。

シャンプーを使うのをやめて、そらフェイシャルソープで髪を洗うようになって早5年になります。白髪が減ってほとんど分からないくらいまで改善しました。
これには、自分でもびっくりしてます(期待以上!)

髪も黒々、抜け毛もあまり無いですし、髪につやもあり、元気できれいな髪の毛です。

じつはまだ皆さんにお伝えしてなかったのですが、2ヶ月前から「石鹸洗髪のやり方」を一部変更しました。
と、いっても基本的には変わらないのですが、変えたところは『泡立てネット』を使うことにしたんです。

この5年間は、髪を濡らして、じかに石鹸を頭にこすりつけて、そのまま泡立てて洗ってました。それでも十分効果はありました。泡立てネットを使うのは、ちょっと一手間増えたのですが、やはり使ったほうがずっといいかんじです。

石鹸はアルカリ性ですから、じかに石鹸をつけると、その箇所にアルカリ性が触れることになるわけです。それでは少しアルカリ性が強すぎるようです。
泡立てネットで泡立てた「泡」で洗うようにすれば、髪や頭皮に与える刺激も無く、また一律にまんべんなく石けん液が行き渡って汚れ落ちもいいようです。

この泡立てネットを使う方法で洗髪するようになって、私自身いくつか変化を感じています。
・白髪がさらに減りました。後頭部にはまだだいぶ白髪がのこっていたんですが、減ってきました!
・頭皮がかゆくなくなりました。乾燥のせいかと思っていた「かゆみ」がでなくなりました。


そらフェイシャルソープで洗髪されているかたもいらっしゃると思いますが、面倒でも泡立てネットを使って洗ってみてください。
そのほうがずっといいですよ。

toweldry2.jpg


脱シャンプーして、石鹸洗髪に変えると、髪が生き返ります!
仕上げをクエン酸でやれば、きしむこともありませんし、慣れればシャンプーと変わりません。→でも髪に与える影響はまるで違う!

初めての方は半額でお試しできます。髪と顔を洗って、2ヶ月くらいもちます。最後までとけることがありません。そこもいいところ。
お試しはこちら→
sopuotamesi.jpg


石けんと泡


プロ写真髪.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:34 | オススメ!石鹸で洗髪

グレイヘアとは「染めない」ことではないんですね

2019年04月08日

最近よく聞く「グレイヘア」。『白髪染めと決別して、ありのままでいよう。グレイな髪でもいいじゃない』というような、きっぱりした格好いい生き方なのかと思いきや! どうもそうではないらしい。

「白髪染め」と「オシャレ染め」は違う。白髪染めは色素が無くなった白い髪に色素を入れる染め方で、オシャレ染め(カラー)は黒髪に色素をいれるやり方だと聞いたことがある。やり方や使う薬が違うそう。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:53 | オススメ!石鹸で洗髪

スカルプケア石鹸どうなのかな?

2018年07月10日

スカルプケア(頭皮ケア)のための「洗髪用固形石けん」が発売されたようです。ネットでさかんに広告を見かけます!

おっ、ライバルか? と思いきやその心配はありませんでした。成分を見れば従来の石鹸成分とほとんど同じです。でも価格は高いです!

posted by カウンセラー 新藤 at 10:27 | オススメ!石鹸で洗髪

ソープで洗髪し「白髪染め」をやめたら、脱毛がとまった!

2017年10月19日

わたしとほぼ同年代のお客様、YKさま。前回の歯のセミナーに参加されて10年以上ぶりにお会いしました!
フェイシャル・ソープをとても気に入ってらして、洗顔はなさっていたのですが洗髪はまだ二の足を踏んでいるとのことでした。

「石けん洗髪いいですよ〜。白髪染めなくてもよくなったんですよ」とお話しすると、「髪も洗ってみようかな」とおっしゃいました。

それから2ヶ月が経過…

昨日フェイシャル・ソープのご注文があったので、洗髪されているならクエン酸お送りしましょうか?とお尋ねしたところ、下記のような嬉しいご報告が!

posted by カウンセラー 新藤 at 11:08 | オススメ!石鹸で洗髪