天然の成分だから、肌によくなじむ

2021年04月16日

そらのスキンケア製品ラインナップには、石鹸とアルガンオイルとシアバターしかありません。今後も変わらないと思います。色物はやりません。

目的が、肌を健やかに美しく保つことだからです。顔も髪の毛も「そらフェイシャルソープ」で洗えますのでシャンプーも必要ありません。

毎日のスキンケアがとってもシンプルになります♪

コストもかからないうえに、キレイになれるのだからいうことないですね。
そのためには、まずは今までの固定概念を取り払うこと! 顔は洗顔フォームや洗顔クリームを使って洗わなくちゃ!とか、洗顔後は化粧水をたっぷりコットンに染みこませてパッティング、とか、宣伝や雑誌からの刷り込みによって信じ込まされていることがいっぱいあります。まずはそれをリセット!

人間のカラダも肌も自然のもの。本来は石油系の成分や、化学合成でつくられた成分は受け付けないはずなのです。基本にもどって考えると、なにより大事なことは、肌を毎日清潔に洗浄し保湿してあげることです。

そして、その保湿には植物から搾った、天然の植物脂がむいています。中でも、アルガンオイルとシアバターが、脂肪酸組成がすぐれていて、肌によく馴染みます。
オリーブオイルや椿オイルなども、自然のものですが、リノール酸の割合が多かったりして、べたつきやすくなっています。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルもシアバターも、皮脂と同じアブラであるオレイン酸の割合が40%ほどで皮脂に近い割合なため、肌によく吸収され、あとにべたつきも残りません。
朝晩のスキンケアに最適な理由です。つけたあとさらっとしていますので、お化粧しても快適に一日を過ごすことができます。しかも、保湿効果が一日中保たれるので、肌がつっぱることもなく、保湿を付け足す必要もありません。保湿していないと皮脂がよけいに分泌され化粧崩れの一因となりますので、アルガンオイル&シアバターでベースを保湿していれば、化粧崩れしにくく化粧直しがいらない、ということになります。

そらスキンケア ラインナップ →
★ 初めての方は初回半額でお試しになれます。

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

意外とトシを感じさせるのが「首筋」「手の甲」

2021年02月15日

年齢を重ねると、あちこちでトシを感じさせるようになっていきます。本人があまり気づかなくて、人からは意外と目立ってしまうのが「首筋」と「手の甲」ではないでしょうか。

顔のしわは本人も普段から気にして、あれこれと保湿クリームつけたり気をつけていると思いますが、首にはつけ忘れる人が多いでしょう。でも、案外この首って年齢があらわれてしまいます。
やせ体型の方はなおさらでは?!

首も顔のつづきですから、しっかり保湿をしてください。顔も首も、しわを防ぐにはいっときも乾燥させてはなりません。保湿クリームを朝と晩にすりこみましょう。
それには、シアバターがおすすめです。

手の甲もしわが多くなると、人からは結構目立つし、トシを感じさせる部分。手のひらだけでなく、必ず手の甲にもシアバターをこまめに塗ってください。

シアバターは皮脂にも含まれている脂肪酸「オレイン酸」が含まれていて、しかも皮脂と同じ率含まれています。ですから、肌になじみがよく、オイルのベールをつくって肌を乾燥から守ります。

シアバター成分円グラフ.jpg


自然な素材であるシアバターは品質が重要です。不純物がきちんと取り除かれていて精製されたものが、酸化もしにくく、肌にやさしいシアバターです。

価格の差は、品質の差と思っていただいてよいと思います。

おいしそうなシアバター.jpg


そらシアバター 詳しくは→
★ 初めての方は初回半額でお試しいただけます。

siabata-otamesi.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:29 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

オイリー肌(てかり肌)の人こそオイルケアが重要!

2021年01月20日

「肌の保湿対策」として活用したいオイル。でも、オイリー肌やニキビ肌で悩む人たちは、オイルを避けてきたのでは?

実は、「オイリー肌にオイルはもってのほか」という考えは、大きな間違いでした!

皮脂は、オイリー肌の人にとって悩みの種でもありますが、同時に肌の表面(表皮)を乾燥や感染症から守る大切な役割をもっています。
ところが、とかくオイリー肌の人は洗顔や洗髪を頻繁にしたり、あぶらとり紙で皮脂をこまめに拭き取ってしまいます。これでは皮脂本来の機能を果たすために必要な皮脂をも取り去ってしまうことに。だから、まったく逆効果なのです。

皮脂量が足りないと、正常な肌の状態を保とうとする機能が働いて、かえって皮脂をたくさん分泌してしまうのです
強い洗浄成分のある石鹸やシャンプーも、皮脂を取りすぎてオイリー肌の原因。

それって逆効果だよ!.jpg

むしろオイリー肌の人は、オイルケアが適しているのです。この場合も、余計な物が入っていなくて、皮脂に近い成分を持つ天然オイルが効果的です

その理由は、油系の汚れはオイルで取れるからです。オイリー肌の人というのは脂の汚れがたくさん付いているので、オイルマッサージで汚れた油を取って、さらっとした新しいオイルに入れ替える必要があります。

男性のオイリー肌.jpg

100%天然の保湿成分 シアバター

脱ファンデ脱シャンプーを!
肌も髪もげんきになり本来のつやを取り戻します。シンプルできれいに、をおすすめるのが「そらスキンケア」


顔は石油系界面活性剤入りの洗顔フォームではだめ! 機能性の高い高品質な固形石けんが最適です!
そらフェイシャル・ソープ →


最高級の美容オイルと定評があるのが、アルガンオイル。ヘアケア製品に少量入っていても人気なのに、こちらは100%アルガンオイル。精製。日本製。
さらっとしてべたつかないのが最大の特徴です。しわ、たるみ、くすみ、など加齢肌の元凶となるのが乾燥!! 朝晩1滴アルガンオイル生活で、肌が変わっていきます。キメが細かくなり毛穴が目立たなくなるので、ノーファンデも夢ではない。

そらアルガンオイル →

初めての方は、初回半額でどの製品もお試しになれます。↓↓

3点製品写真.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 09:48 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

冬は朝の天気予報で湿度が高くても、昼間は乾燥

2021年01月08日

早朝、天気予報で湿度70%ときくと、「今日はそんなに空気が乾燥してないな」と思いがちですが油断は禁物なのです。

大気中の水分は、気温とともに変化します。気温が低いと、少ししか水蒸気を含むことができません。日中気温が上がってくると、多くの水蒸気を含むことができます。

早朝気温が0℃前後のときに70%もあったとしても、昼間気温が上がって10℃を超えるようになれば、湿度は急激に下がり20%とか30%になってしまいます。

飽和水蒸気量.jpg


真冬は、温度差が大きいので、肌も乾燥しやすいです。肌が乾燥して、つっぱったり、ひきつったりして困る方も多いと思います。素肌の保湿がとても重要です。
市販の乳液や保湿ローションでは、化学成分が多く含まれており肌への浸透もよくありません。天然の植物脂100%のアルガンオイルやシアバターで保湿するのがおすすめです。

自然のオイルは、肌にすっと吸収し、重たくないのが特徴。つけた後に、お化粧もできるのもいいところです。

そらスキンケア →
初回半額お試しがあります。お気軽にお申し込み下さい。

siabata-otamesi.jpg



hangakuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:25 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

老人性イボの治療は無い

2020年08月25日

先日、母の顔(鼻の脇、頬)にぷくっと水疱のようなものができました。ようすをみていると少しずつ大きくなっているよう。
触ってみるとやわらかくは無いし、うみがたまっているわけではないみたい。本人に聞いても、痛くは無いと言う。

なにやら悪い病気だったら心配なので皮膚科に連れて行きました。診てもらうと、すぐに「ああ、老人性イボだね」と先生。どんな治療をしてくれるのかと思ったら、液体窒素(ようはドライアイス)をちょこちょこと塗って、「何回か焼いておけば大丈夫でしょう」とのこと。

結局2度ほど受診して、液体窒素を塗ってもらったら自然に膨らみはおさまりました。皮膚科の先生いわく、若い人でも、サーファーなど日光にあたる頻度が多いとこういうのがよく出来るんだそう。

母はいま81歳ですが、昔は毎日外で畑仕事をしていて、日に焼けて顔が真っ黒でした。日焼け止めなどの手入れもろくにしていませんでした。だから、今となっては顔中シミだらけ。それも、みんな少し膨らみのあるイボに近いシミですね!

紫外線が肌の老化を促進するということがよくわかります。老人性イボは、その部分だけ新陳代謝が出来なくて、肌の生まれ変わりが止まってしまっているみたい。

結局そうなってしまうと、皮膚科で治療することもできないんですね。今回みたいに、液体窒素でむりやり焼き切って組織をそとから壊し、あとは自然治癒力にまかすしかないんだなと思いました。

年をとってから顔がしみだらけになったり、それこそ老人性イボで悩まされないためには、やっぱり若いうちから、紫外線に当たらないようにし、日頃の保湿をしっかりしておくことが大事だと思います。

母には遅ればせながら、そらのスキンケアをしっかりさせています。フェイシャルソープで朝晩洗顔し、朝はアルガンオイル、夜はお風呂上がりにシアバターを塗るようにしています。

本人は「もう80なんだから、シミはしょうがないよ」なんて言っており、それでも顔が前より白くなったとか、すべすべだとか満足している様子です。

そらスキンケア →
★ 初めての方は、初回半額でお試しいただけます。

hangakuotamesi.jpg







posted by カウンセラー 新藤 at 11:15 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

肌を乾燥させるとシミも出来やすくなる!

2020年05月25日

乾燥肌とシミは、それぞれ別の悩みのようにも見えますが、実はシミの原因には「肌の乾燥」が大きく関係しているのです。

肌がうるおい、ターンオーバーがしっかりしている肌は、皮膚の再生が活発なため、古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれやすくなります(シミの主な原因は肌内部にできるメラニン色素です)。

でも、肌が乾燥して角質層が硬く厚くなると、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなってしまいます。そして、ターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が肌に残りやすくなった結果、シミの原因になってしまうのです。

◆ 乾燥肌は、加齢シミの元凶

シミの大きな原因は、もちろん紫外線による光老化ですが、次に気をつけなければならないのが肌の乾燥!
年齢が上がるほどシミができやすくなるのも、ターンオーバーの周期が長くなり、肌が乾燥しやすくなるからです。

肌の代謝は20歳前後がもっとも活発で、その後はじょじょに落ちていきます。加齢によるターンオーバーの遅れも避けられません。でも、保湿をして角質層を整えておけば、年齢が高くなってもシミができにくくなります。

◆ 肌の保湿には天然素材の植物オイルがむいています!

皆さんも経験があるでしょうが、保湿効果をうたった化粧品をいくらつけても効果が感じられない。化学成分を多く含むぶん、かえって肌にもよくありません。それよりも、肌には天然性の保湿剤がおすすめです。

天然性の保湿剤としてのアルガンオイルやシアバターは、皮脂に含まれているオレイン酸を多く含んでいるため肌によく馴染みます。吸収されやすく、べたつかず付け心地がよいのが特徴です。

アルガンとシアバター組成.jpg



そらアルガンオイル、そらシアバターはどちらもオーガニック原料使用、低温圧搾法により品質を損なわないようていねいに搾られています。
精製された純度の高いオイルなので、安心して長く使い続けることができます。

アルガンオイル、シアバターともに、初回半額でご購入になれます。
お申し込みはこちら →


hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg








posted by カウンセラー 新藤 at 09:49 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

シワの多い女性は骨密度が低い可能性が……

2020年04月11日

女性の顔のしわで骨折リスクの可能性を推測することができるという研究が、米マサチューセッツ州ボストンで開かれた内分泌学会で発表されたました。

発表したのは米エール大学の研究チーム。女性の肌と骨のタンパク質レベルには関連があるため、女性の顔や首にしわが多ければ、その女性は骨密度低下による骨折のリスクが高いことになるといいます。

研究チームは米国各地で、最後の月経期が終わってから3年以内の更年期後の女性114人を対象に、目視と機器を使って、顔と首の11か所のしわを調べました。
使ったのはデュロメーターと呼ばれる装置で、ひたいとあごの肌の硬さを測定しました。超音波とX線で骨密度も測定しました。

エール大学医学部で産婦人科・生殖科学を専門とするルブナ・パル氏は、「皮膚のしわが深くなり悪化することと、骨密度の低下とには関連性がある」と語りました。

逆に、皮膚に弾力のある人の骨密度は高い傾向にあったといいます。パル氏は、「肌の見た目や物理的特性が骨の質を反映しているとの発見」により、「医師は更年期後の女性の骨折リスクを文字通り“一目見ただけで”判断することができ、高価な検査を行う必要がなくなる」と発見の意義を説明しました。
【2011年6月7日 国際ニュースAFPBB Newsより】

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

閉経後の骨密度は急激に低下!

siwatokotumitudo.jpg


女性の骨には女性ホルモンであるエストロゲンが深く関わっています。特に、閉経によりエストロゲンの分泌が著しく低下すると、骨密度も急速に減少します。
また、もともと女性の骨量は男性に比べて少なく、妊娠によって(胎児に)カルシウムが奪われることなどもあって、女性の骨密度が低下する機会はひじょうに多いのです。

このため、閉経期以降の女性においては・・・、
50歳代の3割、60歳代では5割、70歳以上では、なんと8割が骨粗しょう症を発症していると報告されています。

骨はカルシウムやコラーゲン繊維などのタンパク質からできています。つまり、カルシウムの補給は当然のこと、肌と同様にタンパク質とビタミンCの補給も重要なのです。

そらサプリメントでは、カルシウムとタンパク質は「サプリタイム」で、ビタミンCは「はだのさぷり」で十分な量とれます。※初回半額でお試しできます。

そら製品初回お試しページ →



posted by カウンセラー 新藤 at 10:24 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

アルガンオイルとシアバターで、ダブル保湿してます!

2020年03月31日

ここへきて少し湿度もあがってきてはいますが、わたしはまだ朝晩アルガンオイル、シアバター重ねづけで念入りな保湿をしています。

肌をいっときでも乾燥させればシワの原因になってしまうし、肌が悪くなるのは年齢のせいよりも、まずは乾燥だと思っているからです!

乾燥を防げるのは、肌になじみやすい植物のオイルです。石油系の油で化学成分が多く添加されている一般的な化粧品のクリームは、肌には相反するものであると思います。クリームをつけすぎるといつまでも肌に残って表面をつるつるすべってしまうけれど、アルガンオイル、シアバターはたっぷりテカるほどつけても時間が経つと肌にはいってしまいます。

肌の水分を逃がさないためにも必要なのは油分。だから、オイルで保湿すれば、肌の「水分、油分」の両方を逃がさずに守れる、というわけ。

顔がテカる人は、乾燥している証拠です!! 乾燥しているから自分の皮脂がどんどん分泌されます。ふだんから乾燥させている人は皮脂腺も大きくなっているでしょうし、皮脂分泌量も多くなります。

皮脂は汗と混じってべたべたし、汚れもつきやすくなり不潔になります。そこでニキビができたり、毛穴がふさがれて吹き出物ができたりします。

肌の水分、油分のバランスが一定に保たれている肌は、細胞もきちんと整列しキメも整って見えます。適度な皮脂でちょうどいい感じの膜ができ、常在菌も皮膚表面で共存し、肌は良い状態でいられます。

保湿する前の洗顔も大事なので、洗顔料も見直していただきたいです。洗顔フォームでは洗えているようで洗えていません。それについては、石けん洗顔のページに詳しく書いてありますのでご覧ください。
そらフェイシャルソープは、肌にやさしい石けん素地を基本としながらも、チタンペースト配合でひじょうにきめ細かい泡がたつよう設計されています。毛穴の奥の汚れまですっきり落とせます。汚れ(特に皮脂汚れ)を落としてからアルガンオイルで保湿すると染みこみもよく効果があがります。

こうして保湿を徹底しつづけると、皮脂腺もしぼんで、皮脂がよけいに出ることがなくなり、皮脂が出すぎてテカるということもなくなってきます。毛穴も目立たなくなってきます。男性でデコボコした肌の人もだんだんなめらかになってキレイになれます!

『男性の場合』
朝:洗顔 → アルガンオイル2プッシュくらい → シアバター 小指の爪くらいの量 
つけて出掛けに「ちょっとテカってるかな?」と思ったら、軽くティッシュで押さえてください。拭くほどやらなくていいです。もちろん脂取り紙は使わないでください。適度な油分は、肌に常に必要なのですから。

そらスキンケア →
☆初めての方は初回半額で試すことができます。洗顔から保湿をトータルでなさったほうが、肌の変化は早いです。肌のようすを見ながら、今使っている「化粧品類」をやめる方向でやってみてください。

5年くらい前にこのシンプルスキンケアに変えました。50代後半でも、ノーファンデ、白髪染め無し、でいられるのもこのおかげです。

すっぴんの日.jpg



3点製品写真.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:06 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

冬に肌が乾燥するワケは?!

2020年02月10日

冬はどうして空気が乾燥するのか?

それは気温が低いからです。
なんだか禅問答みたいですけれど、これには気温によって空気中の水蒸気量が変わる「飽和水蒸気量」というのが関係しています。

学校の理科か物理?の時間に、習った覚えがあるかもしれませんね。気温が高いと空気中には多くの水蒸気が溶け込むことができて、気温が下がると空気中に存在できる水の量が減ってしまいます。

それは下のグラフで表されます↓↓

秋冬の乾燥理由.jpg


このところ空気の乾燥がひどいですよね。朝晩の冷え込みが厳しいせいもあるかと思います。
朝は零下になったりしていますので、飽和水蒸気量が少なくなっていて、昼間気温が上がってきますので、乾燥するのです。
気温が上がるということは、飽和水蒸気量が増える。それなのに空気中に水分が無いわけですから「湿度」が下がるわけです。湿度が30%、40%になりますから空気に直接触れている肌からは水分が奪われていきます。

肌がひきつったり、ぴりぴり感じるのはそのせいでしょうね。

常に肌にオイルの膜をはり、水分の蒸散を防ぐことが大事です! 朝晩のアルガンオイル+シアバターが頼もしい味方です。
重ね塗りがいっそう効力を発揮しますので、洗顔後にまずアルガンオイルを2〜3プッシュ塗り、その上からシアバターを薄く塗ってください。シアバターはもちがとても良いし、ねっとりと肌にはりついてオイルの膜を作るのでアルガンオイルも長持ちして、一日中保湿してくれます。しかもそれでいて息苦しさがないのが不思議です!!

シンプルなスキンケアで乾燥肌もよくなる。そらスキンケア 詳しくは →

★初めての方は半額お試しがあります!

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:57 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

女性がスキンケアにかけている費用は?!

2020年01月20日

お早うございます。新藤です。
空気が乾燥していて、お肌もパツパツになりやすいのでオイルで十分保湿しましょう!

さて数日前に新聞の記事でこんなのみつけました。「女性のスキンケア費用」「スキンケアに期待する効果は?」
ん、なになに?

調査を行ったのはポーラ文化研究所。15〜64歳女性1500人を対象にアンケートを行い分析。
その結果、まず多くの女性が「どんな効果を期待してスキンケアをしているのか?」については
※複数回答 
うるおいを与える(40%)
カサつき・乾燥を防ぐ(37%)
紫外線・UVから保護する(31%)
シミを防ぐ(29%)
毛穴を目立たなくする(27%)


という結果だったそう。すべての年代で「うるおいを与える」が上位で、皆が『スキンケア製品に保湿』を期待していることがわかる。

一ヶ月にスキンケアにかけている費用は?

35歳以上でみてみると、
35〜54歳では、平均して3,229円
55〜59歳で 3,755円
60〜64歳でいちばん多く 4,308円


詳しくその使用アイテムをみてみると、洗顔料と化粧水は8割の人が使っていて、乳液・クリーム・美容液は4割が使っている。7割がクレンジングを使っているところをみると、たぶん7割はメイクをしていると予想できます。

ポーラ調査2019.jpg


当社の超シンプルなスキンケアでは、洗顔料はフェイシャルソープで行い、その後はアルガンオイルで保湿というのが基本。肌の乾燥の度合いに応じてその上からシアバターでカバーします。冬は乾燥しているのでシアバターをわたしはつけています。この手順で朝晩のスキンケアはOKです!

いちばん重要視している『保湿』の役割は、メインがアルガンオイル、シアバターが補助という感じになります。乳液、クリーム、美容液などに多くの方が期待している効果は、わたしの経験からは「アルガンオイル+シアバター」で十分だと思います。

これでかかる費用を計算しますと、アルガンオイル、フェイシャルソープはふつうに使って3ヶ月くらいもちますし、シアバターはもっと長持ちで半年くらい使えます。
ですから、1ヶ月の費用は2,700円ほどです。

洗顔と保湿を重視した、石けん洗顔とアルガンオイルでの保湿というスキンケアでは、化学成分による肌への負担はないですし、シンプルなので時短で、お金もかからないです。使用アイテムもたった3点と最低限できれいになれるのですからサイコーだと思います。

プロフィール上半身.jpg


そらのスキンケア 詳しくは →

3点製品写真.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 11:29 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング