冬頭皮がかゆくなるのも乾燥が原因だそう

2012年12月14日

スカルプケアの第一人者 大場オーナーが経営されている赤坂にあるコスメショップ「ハロースカルプ」に当社のシアバターをおいてくださることになりました。

スカルプとは頭皮ですが、わたしも以前から興味がありました。髪の健康も大事だけれど、地肌(頭皮)も大事なんだろうなあと。シャンプーはこだわって結構お高いものを使っているのですが、保湿はなんにもしていないのでちょっと気になっていました。

このところ、シアバターの発売を機に、オイルケア、肌の乾燥、保湿などのキーワードをあれこれ調べていくなかで、「このところ頭がかゆいのは、ひょっとして地肌が乾燥しているせい?」と思い当たりました。

冬はお風呂上がりに肌から油分がとられ、乾燥して背中やスネなどにかゆみがでるということがわかり、そこからの発想です!

ネットでしらべると、案の定…

-------------------------------------------------------------------
以下ネットより

皮膚の痒みの原因として、もっとも多いのが乾燥です。
健康な肌は、角質細胞の間にセラミドなどの細胞間脂質が充分にあり、しっとりうるおっています。さらに、角質層の表面は皮脂と汗が混ざりあった皮脂膜におおわれ、肌の水分が蒸発するのを防いでいます。

しかし、肌が乾燥すると角質層の表面をおおっていた皮脂膜がこわれ、肌の水分が蒸発していきます。その結果、細胞間脂質も不足して角質層がスカスカになってしまうのです。バリア機能がうまく働かなくなって、外部からの刺激が皮膚の内部に直接加わります。そのため、身体が温まったり、汗をかくなどの普段なら何でもない程度の刺激でも、かゆみの原因になってしまうのです。
また、皮脂が多いからといって乾燥していないわけではなく、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されることもあります。頭皮も同様です。

対策としては、「ヘア トニック(非油性)」「ヘアリキッド( 油性)」を使用されてみて下さい。

また、頭の洗い方としては、たっぷりの泡で優しくマッサージをする様にされて下さい。指の腹で頭皮を優しく洗う様にされて下さい。また、シャンプーやリンスの成分が残らない様に十分洗い流して下さい。

----------------------------------------------------------------------------

お世話になっている美容院の先生が、リンスやトリートメントが頭皮に残っているとかえってよくないんだよ、ショートヘアならシャンプーだけでも大丈夫、とおっしゃったのでだいぶ前からシャンプーのみで、そのあと何もつけていなかったんです。

ん〜、地肌のケアも必要のようですね。ただし、むずかしいと思うのは、地肌はなにかオイルで保湿したいけれど、髪の毛にオイルがついてしまうと髪がべたついて、髪もぺったりしてしまいますよね。

ちょっとこれからスカルプケアについて、勉強してみようと思います。

まずは、現状自分の頭皮の状態は健康なのか?について知りたくなりました。

お取引がはじまったスカルプケアサロンOHBAさんで、トータルケアを受けてみようと思います。
posted by カウンセラー 新藤 at 14:36 | Comment(0) | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

年齢が上がると肌がかゆくなる理由はこれだった

2012年12月03日

肌老化のもっとも大きな原因、それは「肌の乾燥」!

トシをとると、皮脂分泌力は低下し自分で皮脂がだせなくなる。年齢とともに肌が乾燥する原因はここにあったのですね。

年齢と皮脂量グラフ.jpg

ハリが無い、たるみが気になる、ツヤが無い、カサカサと乾いた皮膚…など肌老化のもっとも大きな要因は『乾燥』。皮膚表面が乾燥すると、肌はそれを感じ取って自らの皮脂を分泌するようになっています。

ところが、年齢を重ねてくると、分泌する皮脂量がガクンと減ってきてしまいます。アンチエイジングの意味でもオイルケアはかなり有効です。



天然植物脂シアバターでの保湿有効性

皮脂に近いオレイン酸丸グラフ.jpg

シアバターの成分の80%以上をオレイン酸とステアリン酸が占めています。オレイン酸には乾燥から肌を守る保湿の効果がありステアリン酸には抗酸化作用があります。

人の皮脂は41%のオレイン酸を含んでいますが、シアバターもまた40〜50%と同様の比率でヒトの肌に馴染みやすいのが特徴です。皮膚のバリア機能の働きがあるセラミドを合成する際には脂肪酸が必要となりますが、オレイン酸(脂肪酸の一種)を多く含むシアバターは、セラミドの合成を促進する効果も期待できます。

ひとの皮脂に近い脂肪酸「オレイン酸」が40〜50%も含まれているので、シアバターは塗ってからすぐ肌に吸収され、べたべたが残ることがないんですね。
塗った後、肌がしっとりして、まるで栄養分があたえられたような感じです。

そら シアバター たっぷり100ml 2940円と高品質でありながらリーズナブル。
8mlのお試しがあります。
posted by カウンセラー 新藤 at 11:37 | Comment(0) | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

保湿の3方法(保湿成分/セラミド、オイルなど)

2012年11月16日

カラダの水分を保つすなわち蒸散を防ぐにはいくつか方法がありますがいずれも年齢とともに衰えます。

例えばセラミドのように皮膚に吸収されて脂質の層を作り細菌やウイルスの侵入を防ぎ水分の蒸散を防ぐ方法もあります。(皮膚内のバリア機能です。)
このセラミドはサプリとして中から補充する方法も宣伝されていますが、コラーゲンやヒアルロン酸と同様に口から補給したからといって、全身に栄養としてゆきわたるわけで肌に届くとは限りません。外部から浸透させるとして、たくさんのセラミド入り化粧品もでています。

グリセリンやBGような多価アルコールは肌に浸透して水分をキャッチし、水分を保ちます。
(水分を抱え込んで蒸散分を減らします。)

オイル分は肌の表面に膜を作り物理的な意味で水分の蒸散を防ぎます。
(フタです。皮膚表面のバリア機能です。)
皮膚の表面でフタになるのは油分だけですから「油でフタ」は永遠の真理です。但し、フタだけでは効果は万全ではありませんが。

要は、それぞれの方法のバランスのいい併用につきます。
そしてこのバランスに年齢差・個人差があることが化粧品選びを難しくしていると言えます。

老化によって、肌のあちこちのバランスが崩れ、肌の良い状態を保てなくなっているといえます。足りないものをいくら補っても、穴だらけの容器ではおいつきません。肌だけでなく、身体全体のアンチエイジングを考えることが結局のところ基本かなと思います。

栄養バランスをはじめとした生活習慣をととのえることによって、老化のスピードを遅らせることはできます。50代であっても、40代の身体、肌を保つことができていたら、保湿力だって40代の力をもつことができるという理屈になります。

年をとって、足りなくなってきたから、やれコラーゲン、それからヒアルロン酸、胎盤エキスのプラセンタ… あまり度を超すと、悪あがきで醜くなってきやしないだろうか。本来の健康的な身体や肌を整えるという方向性がいちばん近い道ではないかと思う。

物理的に、オイル(油)でフタをして、水分の蒸散を防ぐ、というのは理にかなっているかと思います。年齢とともに、自分自身の肌が分泌する皮脂量は減少してくるのは確かなので、それを補う意味でもオイルケアは重要です。

保湿に天然植物脂「シアバター」
お試しもあります。
posted by カウンセラー 新藤 at 14:29 | Comment(0) | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング