秋にシミを増やさないためには!?

2019年07月30日

さあ、これから8月に入り戸外への外出の機会も増えますね。お子さんのいらっしゃる方は、どうしても日差しのもとでお子さんの遊びにお付き合い!ということも多いのではないでしょうか。

夏が過ぎ、秋になると「シミが増えたんじゃないかな…」と思うことないですか?

夏の間紫外線を浴び、肌の奥ではメラニンが発生しています。夏は肌が灼けて小麦色だったりすると、シミは隠れていて目立たなかったりします。ところが、涼しくなって肌の色がさめてくるとシミがいやに目立ってきたりするんですね。

そうならないようにするには!


もちろん、夏の間紫外線除けはぬかりなくやっておきましょう。日焼け止めを塗って、さらにつばの広い帽子や日傘で日をよけます。

こうやって気をつけてはいても、紫外線を100%防ぐことはむずかしいです。紫外線を浴び、肌の中にできた「活性酸素」によってシミの原因物質である「メラニン」が出来てしまうので、活性酸素をはやめに消去してあげればシミはだいぶ防げます。

「抗酸化成分」というのを聞いたことがあると思いますが、代表的なものにビタミンC、ポリフェノールなどがあります。夏野菜にはこうした栄養素が豊富に含まれているので、意識的に摂るようにすることが大事です。
たとえば夏のメニューである「ラタトウユ」なんかはピッタリ! ナスやピーマン、かぼちゃ、苦瓜など炒めてトマト煮込みにしたものです。鶏肉を加えてタンパク質を足すと夏バテ防止にもなってオススメ。

苦瓜やサツマイモ、ジャガ芋に含まれるビタミンCは熱に強いのですが(加熱しても壊れないビタミンC)、たいがいのビタミンCは熱調理で壊れてしまいます。ですから、抗酸化ビタミンの代表である「ビタミンC」をとるには、果物や生野菜をとる必要があります。

冷房による肌の乾燥も「秋のシミ」の原因!

夏はじめじめと暑くて、肌の乾燥はあまり意識することがないと思います。でも、でもですよ、冷房の中にいることが多いため肌はとっても乾燥しているんです。

外気が30℃を超えていても、冷房の部屋では25℃くらいに冷やしているわけですよね。気温を下げると部屋の湿度は下がりますので、肌が乾燥するというワケです。また、頻繁に出入りをする場合、気温と湿度がめまぐるしく変わるため肌にもかなりストレスがかかります。電車や地下鉄内もかなり冷房をしていますので注意が必要です。

こうした肌へのストレスは、肌トラブルの原因になったり、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」の速度をにぶらせ、秋のシミの原因となります。そうならないようにするためにも、夏、暑くても『保湿を怠らないようにする』ことが重要です!

保湿には、肌によく吸収しべたべたしないアルガンオイルがおすすめです。寝苦しい夜も冷房をかけっぱなしだと思うので、シアバターによる入念な保湿が大切なんです。

これだけやっておけば、秋も肌のコンディションを崩すこと無く、快適にいられます。

そらスキンケア→


3点製品写真.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 10:44 | そらスキンケア

日焼け止めをつける順番は?

2019年06月03日

日差しが強くなってきました。日焼けによる「シミ」が心配ですよね。

シミは、紫外線を浴びた蓄積によってできるのでいつ何時も油断はできません! 昔浴びた紫外線が原因で、中年になってからシミが一気に増え出すということもありますね。

一にも二にもまず「紫外線防御」。日焼け止めをつけて、帽子や日傘で日よけするのが基本です。目から入る紫外線もシミの原因になりますから、サングラスもかけたほうがいいです。

最近は、グラスに色が無いUVカットグラスもありますから、そういったサングラスを利用するといいと思います。

nasushozo.jpg


「日焼け止めはどの順番でつけたらいいですか?」というご質問をいただくことがあります。

絶対これでなければいけない、ということはないのですが、私はフェイシャル・ソープで洗顔したあと、アルガンオイルをつけてそのあとに日焼け止めを塗っています。

日焼け止めはたっぷりつけないと効果がない、と書かれていることもありますが、日焼け止めにも化学成分が多くはいっていますから、最低限の量にしています。それよりも帽子や日傘などで、物理的に日光を除けたようがいいと思うのです。

量もですが、塗る範囲も最小限に! 顔全体にぬる必要はないんじゃないかと考えていまして、シミが出来やすい頬を重点につけています。

順番をもう一度まとめますと、↓↓

★フェイシャル・ソープで2回洗顔

★アルガンオイル 3プッシュ顔全体に(目の周りはたっぷり)

★日焼け止めを頬骨を中心にぬる

★ベビーパウダーで仕上げる

以上です!

※わたしは今、化粧水も乳液も使ってません。ファンデーションも止めてノーファンデです!

そら シンプルスキンケア →



posted by カウンセラー 新藤 at 13:41 | そらスキンケア

角質を厚くしないためにどうしたらいいのか?!

2019年04月19日

「角質をとる」というと、多くのかたは「削り取る」というイメージをもつのだと思います。

かかとのガサガサだけでなく、顔についてもそうです。
角質が肌に居座って厚くなると、顔色が悪くなりくすみの原因にもなります。古い皮膚が居座り続けているためシミも目立ちます。すべすべではなく、ごわごわ、かさかさした感触にもなりますね。
また、角質層が厚くなると、保湿クリームを付けてもしみ込みにくくて保湿効果が薄くなり乾燥がひどくなりがちです。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:02 | そらスキンケア

スキンケア化粧品では、肌のケアになっていない

2019年01月24日

スキンケア化粧品を使っても、肌はよくならないこと。化粧品をやめてみて、つくづくそれが分かりました。

スキンケアとは文字通り「肌を手入れすること」ですね。多くの女性はきれいになりたくて、いろんな化粧品を顔につけます。つけることで肌がよくなるし、老化も防げると期待してるはず。

でも違ってました! スキンケア化粧品は逆に肌を悪くさせています。なぜなら「化粧品」には、化学成分がひじょうに沢山配合されていて、それらが肌に及ぼす害が大きいのです。肌は自然のものだから、化学物質は本来受け付けません。

もともと肌には自ら守ろうとする力があります。皮膚内部に有害物が入り込まないようにするための「バリア」もあります。肌を雑菌からまもったり、弱酸性に保ったりしてくれる「常在菌」も棲んでいます。肌が乾燥してくれば皮脂を分泌して、潤いを保ちます。

スキンケア化粧品をつければ、これらの働きを無視して、バランスを崩し、逆に肌を悪くさせる循環へと向かいます。

肌にとってほんとうのケアになることとは、毛穴の汚れまできっちり落とす「洗顔」と乾燥から守る「保湿」です。

「洗顔」には石けんが好ましいです。広く使われている洗顔フォームは、化学成分が毛穴に残りやすく、汚れがきちんと落とせていません。洗顔後にヌルヌルとするのは「潤い」なんかではなくて、肌に残された界面活性剤と考えられます。

泡の差.jpg


★ おすすめなのは、そらフェイシャル・ソープでの洗顔です。特徴成分であるチタンペーストが練り込んであるため、弾力のあるとてもキメ細かい泡がたち、泡がへたりにくく、毛穴のよごれをよく落とします。

初めてのかたは半額お試しがあります。
そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
製品写真.jpg


洗顔後は保湿が重要ですが、ここでも乳液やクリームなどは好ましくありません。とにかく「化粧品」では肌のために良い手入れにはならないからです。肌は本来、自分の皮脂で皮脂膜をつくっているわけですから、なるべくそれに近い働きのものが向いています。

★素肌に直接つけられて、吸収がよくてべたつかないという特徴をもつ「アルガンオイル」。洗顔後のケアは、アルガンオイルだけで十分問題ありません。
冬は空気がひどく乾燥していますので、アルガンオイルを塗ったうえに、さらにシアバターでフタをするというやり方がよいと思います。シアバターは植物オイルのなかでダントツにステアリン酸が多いので保湿力が長くもちます。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルはヨーロッパでも人気が高い高級オイル。キメをととのえたり、ふっくらとはりのある肌が取り戻せると定評があります。
少量でのびがよく、付け心地がよいのもリピーターが多い理由だと思います。

初めての方は半額でお試しになれます。
そらアルガンオイル →

製品.jpg


きれいになるには、シンプルが一番でした!



posted by カウンセラー 新藤 at 13:11 | そらスキンケア

春はシミが目立つ!!

2018年03月30日

お早うございます。今日もすっぴんの新藤です。
この週末も桜はもちそうですね。お花見の方も多いかもしれません。

でも、眩しいほどの日差し! 花粉症の人と、肌のシミが気になる人にとっては、てばなしでは楽しめない感じですよね。

さて、夕べのことなのですが、ふだん「シミは少ないほうなんです!」と皆さんに自慢している私ですが…
鏡をよおく見ると、頬骨のあたりにぽつぽつとシミが見える。「ええー、ショック」と思って調べてみました。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:11 | そらスキンケア

ターンオーバーの周期を若いころのように短くする

2018年03月27日

こんにちは、今日もすっぴんの新藤です。
桜が満開です! お花見はなさいましたか。どこもかしこも桜がきれいで、特別お花見に出かけなくても目を楽しませてくれています。

さて今日は「ターンオーバー」の話をしましょう。ターンオーバーというよく聞く言葉、肌の新陳代謝のことですね。古い角質が剥がれて、新しい細胞が肌の表面にあらわれる。

posted by カウンセラー 新藤 at 10:49 | そらスキンケア

男性も当社のスキンケアを使用している

2018年03月07日

こんにちは、今日もすっぴんの新藤です。
今日は意外と寒いです。この時期気温の差が大きいので、気をつけないといけませんよね。

さて、当社のスキンケア製品は男性のご利用者さんも多いです。
製品をつくるときから男性女性すべてのひとに使ってもらう、というのが目的でした。

posted by カウンセラー 新藤 at 13:46 | そらスキンケア

ツヤ肌はスキンケアでつくる

2017年12月01日

最近、「ツヤ肌メイク」ということばをよく聞きます。メイクで素肌をカバーして、ツヤ感のあるベースをつくることのようです。

動画などみていると、なかなか手間とテクニックを必要とするみたいですね!

シンプルスキンケアを提唱しているわたしにしてみれば、それって本質じゃな〜いと思ってしまいます。仕事してたら毎日そんなに時間かけてメイクなんてしていられないし、あんなに重ねていろんな化粧品を塗り重ねていたら、肌への負担が大きくて、ますます素肌は汚くなるにきまってます!

posted by カウンセラー 新藤 at 10:23 | そらスキンケア

ソープで顔は白くなり、そら流歯の手入れ法で歯が白く!

2017年10月17日

透明感のある白い肌、輝くような白い歯、この2つが揃ったら美的にもサイコーですよね。どんなお化粧もかなわないと思います。健康的で、清潔感もある。

フェイシャル・ソープで洗顔し、当社でお伝えしている「歯の手入れ法」を実践したら、そうなります!

真っ白な歯に.jpg

posted by カウンセラー 新藤 at 09:45 | そらスキンケア

石けんとオイルだけのシンプルな方法が肌を変えていく!

2017年03月03日

私もフェイシャル・ソープを手にする前は、ごく一般的な洗顔フォームで洗顔していました。それで汚れもとれていると思っていました。でも、真実はそうではなかった。


今の自分の肌を見るとほんとうにそう思えます。以前は、くすみや毛穴の開き、角栓に悩み、鏡とにらめっこする日々でしたし。どうせつけるなら、と「美白」と文字のはいった化粧水、乳液を選んでいました。今思えば、原因は洗顔で汚れが落ちてなかった、ということだったんですね。


posted by カウンセラー 新藤 at 10:25 | そらスキンケア