この時期の乾燥肌は「皮膚の病気」じゃないのでは?

2016年07月29日

もとから肌の弱い方は、この時期とくに肌が過敏になるようです。それは季節的な要因が大きいのではないかと思っています。湿度が高くじめじめしているかと思えば、汗が蒸発して気化熱で水分を奪い肌を乾燥させる。エアコンも肌を乾燥させる。


というわけで、乾燥とじめじめが混在している難しい時期なのです。ですから、肌がデリケートなかたは肌トラブルがひどくなり、悪化しやすいといえます。


昨日の新聞で大きな広告をみかけました。『化粧水もしみる…汗で肌がぴりぴりする。紫外線や汗で敏感に。そんな乾燥肌のためのローションです』というような内容でした。製薬会社から販売されているお薬。乾燥肌や乾皮症を治療する医薬品なんですね。


posted by カウンセラー 新藤 at 13:15 | そらスキンケア

そらスキンケアだと、旅行時荷物が少なくてラク

2016年04月19日

母を介護でひきとったり、老犬がいたりで、このところ旅行に行けなかったのですが、愛犬をおくり3年ぶりに家族で温泉旅行に行きました。旅行先では熊本の地震報道ばかり見ていましたが、前々から計画していた旅行で満喫してきました。

同居になる前は、父亡きあと10年一人暮らしをしていて、すっかりやせ細っていた母ですが、サプリを飲ませて毎日運動させてきた成果で、筋肉も取り戻し10s体重が増えました。滑りやすい温泉浴室でも、ちっとも危なっかしくもなく、すたすたとお風呂に入っていて、安心して見ていられます。

posted by カウンセラー 新藤 at 14:51 | そらスキンケア

季節の変わり目でまたムズムズが始まってきました!

2016年03月17日

3月は季節の変わり目で、寒暖の差が大きく、湿度の変動も激しいですね。この時期肌トラブルが多くなるのも、そうした変化に肌がついて行けないことが原因といわれます。

今日関東は、最低気温5℃、最高気温19℃との予報がでており、なんと14℃もの差。湿度もこのところだいぶ高くなってきています。肌は温度差よりも、どうもこの湿度差に弱いような気がしてます。

posted by カウンセラー 新藤 at 09:48 | そらスキンケア

美容大国フランス、美容への考え方の違い。知らなかった!

2016年02月27日

日本に入ってきている海外ブランド化粧品はフランス製が多いですし、フランス女性は美しい、というイメージがありますね。フランスは化粧品のメッカとばかり思っていましたが、どうもそうではないようです。

フランス事情に詳しい美容ライターさんの記事によると、

日本流のスキンケアは、洗顔後に化粧水、美容液、クリーム、乳液などを重ね塗りするのが一般的ですが、フランスでは、洗顔後に保湿クリーム1本のみというなんとも「シンプル」なものだというのです。




posted by カウンセラー 新藤 at 10:29 | そらスキンケア

メイク技術もさることながらここまでくると美への執念を感じる

2016年02月12日

いい悪いではなく
お化粧でここまで変えられるってすごい→
ニキビで悩み続けたモデルさんが動画を公開して話題になっているとか!


そらさんのスキンケアは、なるべく肌に負担をかけるお化粧は避けて、素肌を美しくっていう考え方ですよね? わたしもキレイにはなりたいけれど、わたしはお化粧することそのものが好きなんですけど…

と質問されてこられた方がおられました。そこで私は自分がどうしているか、という例をあげてお答えしました。
posted by カウンセラー 新藤 at 09:39 | そらスキンケア

隠そうとすればするほど毛穴は広がる!

2016年02月11日

毛穴!気になりますよね。かつて自分もそうでした。皮脂もよくでていてテカりやすく、そのため勝手に脂症だと決めつけていました。鼻の頭、小鼻の横、顎の毛穴が特に大きくて、すぐ脂肪が詰まって「角栓」になってしまっていました。

それが改善できたのは、明らかに洗顔と保湿のおかげです。フェイシャル・ソープで洗顔し、アルガンオイルで保湿するだけでOK。これを始めたのは、まだほんの2年前のこと。以前は私も市販の洗顔フォームで洗っていましたし、オイルで保湿するだなんて考えてもみなかったです。鏡を見るたびに角栓が気になって、ほんとはやってはいけないのに指で無理矢理角栓を押し出したりしてました(>_<) 指で鼻の頭をさわるとザラザラして嫌でしたねえ。

posted by カウンセラー 新藤 at 08:37 | そらスキンケア

67歳にしてナガシマの歯は成年期と!

2016年02月08日

虫歯が無いから大丈夫。とくにしみたり痛い歯が無いから大丈夫。と思ったら大間違いです。普通に食後歯を磨いていれば、虫歯になる心配ってあまりないです。
問題なのは歯周病! 最近コマーシャルでも「歯周病を退治するデンタルケア製品」をみるようになってきました。予防の意識が昔よりも高まっているように思います。

歯を抜かなきゃならないほどの歯周病っていうのはよっぽどですよ。歯周ポケット(歯茎のゆるゆるの深さ)でいうと10数o。こうなると歯を磨いても歯周病菌と虫歯菌にどんどん浸食され歯がダメになっていきます。
でもこうなる以前には、何年も前から4o、5oといった数o単位で歯周病は始まっているのです。歯間ブラシ、デンタルフロスなど使い念入りにやったとしても進行を食い止めることは至難の業!

posted by カウンセラー 新藤 at 10:58 | そらスキンケア

歯のセミナーをしました!

2016年02月07日

昨日は歯のセミナーを開催しました。ご参加くださったユーザーさんの中には、そらスキンケア製品をお使いの方も2名いらしゃって「石けんもすごくいいですねえ〜」なんていう感想に他の皆様も興味津々のご様子でした! フランスからお越しのN.Z様は「私も新藤さんと同じくすっぴんですよ。そらさんのアルガンオイルは臭いもしないしフランスのアルガンオイルよりずっと品質がいいです!」なんて言葉が飛び出して、みなびっくり! これには私もびっくりでした。(ご実家に一時帰国中のN.Zさまです!)

弊社スキンケアのユーザーさんは、素肌の美に関心の高いかたが多いです。そして肌に関心のある方はやはり「歯の健康&美」にも関心が高いですね! 

昨日はそら独自の「歯の健康法、歯の美容法」をお教えしたわけですが、早速夕べからお手入れを開始されたことと思います。この方法で手に入れられることは、
・歯を虫歯と歯周病から守れる
・歯が白くなる
・歯がしみなくなる
・歯茎がピンク色になる
・口臭がなくなる
・歯のねばねばが無くなる


次回は5月頃を予定しています。日にちが決まったらお知らせしますのでチェックしていてください。

歯のセミナー.jpg




posted by カウンセラー 新藤 at 08:52 | そらスキンケア

そらスキンケア製品は男女兼用

2016年02月04日

弊社のスキンケアは、男性にもおすすめです。フェイシャル・ソープ、アルガンオイル、シアバター、すべて男女兼用です。さらに、赤ちゃんからお年寄りまで使えます!

素肌の基本的なはたらきを考えてラインナップしたので、男女の別なく、どなたでもお使いいただけるのです。

肌について男女の差といえば、次のグラフを見るとわかりますが、男性は女性と比べて水分が蒸発しやすく皮脂量も多いことがわかります。ですから、なおさら肌を保湿して乾燥させないことが大事です。

posted by カウンセラー 新藤 at 09:37 | そらスキンケア

ひじが汚くて気にしている方へ

2016年02月03日

ひじもかかとも、角質が剥がれ落ちにくく分厚くなりやすいところです。わたしも以前、ふとひじを見たら(普段気にしてないのであまり見ない)ひじが黒ずんでいてシワシワでビックリしたことがあります。とても人に見せられないわ!と恥ずかしかった!!

普段からシアバターを塗るとかお手入れしていれば、まだましだったのでしょうが、顔や髪のほう優先でそっちに神経がいってますからね、かかとやひじってついおろそかになってしまう。

ひじはゾウの皮膚みたいで、自分でも気持ち悪いくらいでした。そこまでいっちゃったら、少し荒療治ですが、お風呂で軽石を使いごしごし固くなった角質を落とします。多少赤くなったって大丈夫です。そして、シアバターをよおく擦り込むのです。できれば朝もシアバターをつけたほうがいいですね。そうやって数日手入れをしていると、ひどかったひじもツルツルになります。

いったんキレイになったら、普段のお手入れはそらフェイシャル・ソープで洗う程度でキレイを保てると思います。ときどき思い出したらひじにもシアバターをぬってあげてください。

固くなった角質をツルツル、スベスベにしてくれる シアバター
そらシアバター →


シアバター手タレ.jpg


シアバター手タレ2.jpg


300円でお試しができます。メール便でお届けいたします。お支払いはコンビニ後払い可。
お申込はこちら→

お電話でもお気軽に!
0120548224
そら
posted by カウンセラー 新藤 at 08:39 | そらスキンケア