アルガンオイルとシアバターの重ね使いで保湿は万全♪

2019年11月20日

こんにちは、そらの新藤です。

だんだん寒くなって空気が乾燥してきましたね。暖房をかけ始めたので、なおさらです。
肌を乾燥させると、老化が早まるので、保湿には気を遣わないといけないですね。

「そんなこと分かっているよ」という方が多いとは思いますが、乳液やクリームで保湿できている、と安心している方は要注意です!
保湿化粧品の成分のほとんどは化学成分。肌にはバリア機能がありますから、皮膚組織のなかにまではそういう成分は染みこんではいかないものです。

結局何で保湿すればよいか?!
というと、自分の肌の力をたよるべきなんです。

肌自身の力といえば、保水力、保湿力があります。これらを十分発揮させるためには、肌を健康にしておかなければなりません。毎日の食事の栄養バランスがとても重要ですね!
肌もなかから新しい細胞がつくられているわけですから、タンパク質、ビタミン、ミネラルといった基本的な栄養が足りなければ「正常な細胞」にはなりません。

肌の細胞は、よく図に見るように『煉瓦が積み上げられたような組織』になっています。奥からだんだん肌表面に押し上げられてきます。これがきちんと並んだ肌が「きめの細かい整った肌」ということになります。

表皮での保湿がひじょうに重要で、これをどんな保湿剤でやるか? ということ。

先ほども言ったように、保湿化粧品ではなく、自然な原料からできた植物性オイルが理想的です。
私ももう7年ほど使っていますが、アルガンオイルとシアバターはとても優れた保湿オイルです。自然の実から抽出するオイルですから、不純物が無いように精製したものがのぞましいです。

あとは、混ぜ物を加えないこと。純度100%のピュアオイルであることです。保存料や香料などの添加物が入っていないことがとても大切です。

私は超シンプルスキンケアで、肌をとても良い状態に保つことができています。今、ほとんど化粧品は使っていません。化粧水、乳液もやめました。フェイシャルソープで洗顔したあとはアルガンオイル、シアバターのみです。

日焼け止めはしかたなく(化粧品ですが)使っていますが。ファンデーション、おしろいの類は使用せずに、赤ちゃん用のベビーパウダーで軽くおさえるようにしています。

肌はしっとり、すべすべになりました。乾燥する冬でも肌がつっぱることはありません。
乾燥肌で悩んでいる人には是非試してもらいたい方法です。
そらスキンケアのやり方はこちら→


hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 12:01 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

シアバターで保湿

2019年11月08日

こんにちは、そらの新藤です。
今年は11月になっても暖かいですね。でも、やっぱり少し暖房がほしい感じで、一番弱く23℃設定でかけています。

そろそろ乾燥が気になるようになってきました。11月にはいってからは、乾燥度合いが10月とは違いますね。湿度が下がってきて、手もカサカサしてきました。天気予報を見ていると、関東は60〜70%くらいですので、まだ本格的な「乾燥の季節」にははいっていませんが、だんだん保湿に気をつけないと。

これから、暖房をかけ始めると一気に室内も乾燥してきます。加湿器を用意しておこうと思います。

乾燥の季節になっても、シアバターがあるので安心できます。朝から晩までかたわらにシアバターを常備して、気になるとちょこちょこつけています。

まず朝は洗顔後にアルガンオイルをつけてから、そのあとシアバターを目の周りにぐるりとつけます。目の周りは皮膚が薄いですし、皮脂を分泌する「皮脂腺」が少ないので入念につけておく必要があります。

それから、首筋にたっぷりつけています。首筋は見落としがちですが、乾燥してしわが増えると「年齢を感じさせる部分(>o<)」となってしまいますね。大事です!

あとは、リップクリームとして唇にはこまめにつけています。手は石鹸で洗ったあとなどは特に乾燥しますからシアバターをつけておくといいです。
シアバターは食用にする種類もあるぐらいで、口にはいっても害がありません。当社のシアバターは保存料や香料など化学的な成分は一切入っていないので、唇にもつけられるし、手につけたあと調理もできます。

市販のシアバターでは、香料がきつい製品もあるように感じています。どこにでも幅広く使うためには(汎用性を考えて)無香料であることが重要だと思います。

シアバターはまだまだ世の中で認知度が低いと思いますが、これを知ったら、すごく便利になるのになといつも思っているんです!

siabata-otamesi.jpg


私も以前は、目尻のしわがひどくて悩んでいましたが、シアバターのおかげであまり目立たなくなりました。40代50代女性にはとくにおすすめしたいです。

すっぴん171220.jpg


初めての方は、「半額お試し」からどうぞ♪

100g入りの製品が試せます。シアバターは少量で伸びますから、一回の使用量は少なくてOKです。なので、100gあるとずいぶんもちます。この冬、ひと冬使えるかもしれませんね。

そらシアバターについて詳しく →





posted by カウンセラー 新藤 at 11:10 | シアバターの効果

洗顔を変えるだけで肌が白くなり、透明感もでる

2019年09月22日

「美肌美白」といえば、だれでも憧れですよね。
肌がきれい=美肌美白!


そのためにもっとも肝心なのは「洗顔」なのです。
化粧品をいくら上から塗りたくっても、残念ながら美肌美白にはなりません。ならないどころか、やればやるほど遠のくといってもいいかもしれません。

化学成分がてんこ盛りの化粧品を、いくつも使うことは、肌の自然なターンオーバーを妨げるし、キメも荒くします。スキンケアはできるだけシンプルに。使う化粧品の品数も極力減らすことです!

そして、美肌のためにいちばん大切なのは洗顔。洗顔料はなにを使うか? が重要なところです。

ほとんどの方が、洗顔クリームや洗顔フォームを使っているかと思うのですが、それではだめです。

私自身の経験からいえることですが、今から5年ほど前までは私も化粧品メーカーの洗顔フォームを20年以上使ってました。

それを止めて石けん洗顔に切り替えたきっかけとなったのは、
当社で「そらフェイシャル・ソープ」を開発し販売をスタートしたからです。この石けんで洗うようになって肌はあきらかに変わりました!

毛穴が小さくなりなめらかな手触りに。

さわると弾力があり、モチモチした感じに。

吹き出物もでないし肌トラブルがない。

シミが薄くなった気がする。

くすみがなくなり肌の色がワントーン明るくなった。

目の周り、鼻の周り、顎の下などの黒ずみがなくなった。


などなど、いいことづくめ!

「なにが違うの?!」と疑問に思われるでしょうが、市販の洗顔料とこの石けんでは成分が違います。
それから成分の違いによって「洗浄の機能」がまるで異なります。

一般的な洗顔料は、多くは石油系合成界面活性剤をメインに、さまざまな化学成分が配合されています。それらの添加物は泡立ちをよくするものだったり、洗ったあとのつっぱりを無くすものだったり。

洗顔料のいちばんの目的である「きれいに洗浄する」ということが、実際には出来ていない。
市販の洗顔フォームで洗うと、洗い上がりはなんとなくしっとりと感じられると思うのですが、あれはよく落ちていない証拠。洗顔料の成分やら肌の汚れが肌から離れにくい状態なのです。

いっぽう、このフェイシャル・ソープはどうかというと、界面活性剤は自然素材のヤシ油を原料としており、極微細なチタンペーストを練り込むことで、ふんわりやわらかな泡が簡単にたち、その泡はキメ細かく毛穴の奥の汚れまでよく落としてくれます。洗い上がりはサッパリとして、それでいてイヤなつっぱり感もありません。

泡の差.jpg



洗顔料を切り替えるだけで、美肌、美白になれる!

このことを知っていただきたいです。
肌のしくみは実はとても単純で、汚れを毎日きちんと取り去り、保湿してあげれば、肌はいきいきとしてきますし、新陳代謝がよくなって肌も若さを取り戻すんです。

肌をきれいにしたいのなら、「化粧品を探す」のではなく、どんどん省いていってシンプルな手入れにしていくべきなのです。

すっぴん171220.jpg


そらスキンケアで、ファンデーションも不要になり、すっぴんでいられるようになりました。

初めての方は、初回半額でご購入になれます。

sopuotamesi.jpg

顔だけなら、3〜4ヶ月もちます。

hangakuotamesi.jpg

洗顔後は、アルガンオイルで保湿。一回の使用量は、3プッシュ程度。こちらも3ヶ月くらい使えます。

お申込はこちら →

そらスキンケア →






posted by カウンセラー 新藤 at 13:24 | そらフェイシャル・ソープ

空気の乾燥がシワをつくる!

2019年09月19日

こんにちは、そらの新藤です。

9月も中旬になり、気温も上がり下がりが激しいですね。晴れて30℃を超える日もあるかと思えば、秋らしい涼しい風がふいて最高気温が25℃に届かないなんて日も。

着るものにも困ります。さて、湿度もだいぶ下がってきました。この間まで蒸し蒸しして湿度も80%とかあったのですが、今日は一転して60%にいかないカラッとした天気。

肌は正直に反応しますね。この頃、手の乾燥が気になってきました。そろそろシアバターの出番です! こまめにハンドクリームとしてシアバターをつけるようにしています。

おいしそうなシアバター.jpg


シアバターは西アフリカで採れるシアーの実から搾る植物油。でも「油」といっても液体ではなく最初からクリーム状であるのが特徴です。
ロクシタンがシアバターの名を有名にしましたね。色んなメーカーがシアバターを販売していますが、当社のシアバターは精製してあり香料が入っていないのがいいと思っています。

唇にリップクリームとしてもしょっちゅう使うので、口元は化粧臭が無いほうがいいですよね!

初めてのかたには、半額お試しを用意しています。
たっぷり100gはいっていますから、顔にはもちろん、手足にもふんだんに使えて、数ヶ月はもつのではないかと思います。
それにシアバターは、少量つけるだけで、とても伸びがいいので、なかなか減らないのです(*^_^*)

siabata-otamesi.jpg



つぎに顔のシワの話

40代50代になると、ますますシワが気になってきた、という方が多いと思います。
私も40代の頃、目尻のシワがひどくて気になってました!

それが! 石けん洗顔とアルガンオイルでの保湿 という超シンプルなスキンケアにしてからかえって肌のコンディションがよくなって、あんなに気になっていたシワも浅くなりそれほど目立たなくなりました。

いま50代半ばとなりましたが、よく肌を褒められます。「肌きれい。シミとかしわがないですね」と言われますよ。

化粧品代に費用を費やしている方はこれを聞くとがくぜんとするかもしれません。

化粧水・乳液・美容液・ファンデーションを使っていた頃よりも、それらを全部止めてしまって、石けん洗顔後にアルガンオイル2〜3滴つけるだけにした方が、ずっと肌がよくなりました。

素肌のきめが整っていてなめらかなら、ファンデーションは要りません。ファンデーションにも石油系の油がたくさん練り込んであるので、ファンデーションをつけたほうが肌がテカテカ脂ぎったり、毛穴が詰まったりするんです。

すっぴんで毎日快適です!!
やってみて本当に実感しました。

必要なのは、フェイシャル・ソープ、アルガンオイルだけです。
なにをしても肌がきれいになれない、高い化粧品を買ったって変わらない、とうんざりしている方はぜひ思い切ってこの「超シンプルスキンケア」試してみてはいかが!

プロフィール上半身.jpg


フェイシャル・ソープ、アルガンオイルも初回は半額でお求めになれます。
ソープで洗顔すると、肌がきゅっきゅとして気持ちいいですよ♪

sopuotamesi.jpg


hangakuotamesi.jpg


そらスキンケア ページはこちら→





posted by カウンセラー 新藤 at 10:01 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

秋にシミを増やさないためには!?

2019年07月30日

さあ、これから8月に入り戸外への外出の機会も増えますね。お子さんのいらっしゃる方は、どうしても日差しのもとでお子さんの遊びにお付き合い!ということも多いのではないでしょうか。

夏が過ぎ、秋になると「シミが増えたんじゃないかな…」と思うことないですか?

夏の間紫外線を浴び、肌の奥ではメラニンが発生しています。夏は肌が灼けて小麦色だったりすると、シミは隠れていて目立たなかったりします。ところが、涼しくなって肌の色がさめてくるとシミがいやに目立ってきたりするんですね。

そうならないようにするには!


もちろん、夏の間紫外線除けはぬかりなくやっておきましょう。日焼け止めを塗って、さらにつばの広い帽子や日傘で日をよけます。

こうやって気をつけてはいても、紫外線を100%防ぐことはむずかしいです。紫外線を浴び、肌の中にできた「活性酸素」によってシミの原因物質である「メラニン」が出来てしまうので、活性酸素をはやめに消去してあげればシミはだいぶ防げます。

「抗酸化成分」というのを聞いたことがあると思いますが、代表的なものにビタミンC、ポリフェノールなどがあります。夏野菜にはこうした栄養素が豊富に含まれているので、意識的に摂るようにすることが大事です。
たとえば夏のメニューである「ラタトウユ」なんかはピッタリ! ナスやピーマン、かぼちゃ、苦瓜など炒めてトマト煮込みにしたものです。鶏肉を加えてタンパク質を足すと夏バテ防止にもなってオススメ。

苦瓜やサツマイモ、ジャガ芋に含まれるビタミンCは熱に強いのですが(加熱しても壊れないビタミンC)、たいがいのビタミンCは熱調理で壊れてしまいます。ですから、抗酸化ビタミンの代表である「ビタミンC」をとるには、果物や生野菜をとる必要があります。

冷房による肌の乾燥も「秋のシミ」の原因!

夏はじめじめと暑くて、肌の乾燥はあまり意識することがないと思います。でも、でもですよ、冷房の中にいることが多いため肌はとっても乾燥しているんです。

外気が30℃を超えていても、冷房の部屋では25℃くらいに冷やしているわけですよね。気温を下げると部屋の湿度は下がりますので、肌が乾燥するというワケです。また、頻繁に出入りをする場合、気温と湿度がめまぐるしく変わるため肌にもかなりストレスがかかります。電車や地下鉄内もかなり冷房をしていますので注意が必要です。

こうした肌へのストレスは、肌トラブルの原因になったり、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」の速度をにぶらせ、秋のシミの原因となります。そうならないようにするためにも、夏、暑くても『保湿を怠らないようにする』ことが重要です!

保湿には、肌によく吸収しべたべたしないアルガンオイルがおすすめです。寝苦しい夜も冷房をかけっぱなしだと思うので、シアバターによる入念な保湿が大切なんです。

これだけやっておけば、秋も肌のコンディションを崩すこと無く、快適にいられます。

そらスキンケア→


3点製品写真.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 10:44 | そらスキンケア

日焼け止めをつける順番は?

2019年06月03日

日差しが強くなってきました。日焼けによる「シミ」が心配ですよね。

シミは、紫外線を浴びた蓄積によってできるのでいつ何時も油断はできません! 昔浴びた紫外線が原因で、中年になってからシミが一気に増え出すということもありますね。

一にも二にもまず「紫外線防御」。日焼け止めをつけて、帽子や日傘で日よけするのが基本です。目から入る紫外線もシミの原因になりますから、サングラスもかけたほうがいいです。

最近は、グラスに色が無いUVカットグラスもありますから、そういったサングラスを利用するといいと思います。

nasushozo.jpg


「日焼け止めはどの順番でつけたらいいですか?」というご質問をいただくことがあります。

絶対これでなければいけない、ということはないのですが、私はフェイシャル・ソープで洗顔したあと、アルガンオイルをつけてそのあとに日焼け止めを塗っています。

日焼け止めはたっぷりつけないと効果がない、と書かれていることもありますが、日焼け止めにも化学成分が多くはいっていますから、最低限の量にしています。それよりも帽子や日傘などで、物理的に日光を除けたようがいいと思うのです。

量もですが、塗る範囲も最小限に! 顔全体にぬる必要はないんじゃないかと考えていまして、シミが出来やすい頬を重点につけています。

順番をもう一度まとめますと、↓↓

★フェイシャル・ソープで2回洗顔

★アルガンオイル 3プッシュ顔全体に(目の周りはたっぷり)

★日焼け止めを頬骨を中心にぬる

★ベビーパウダーで仕上げる

以上です!

※わたしは今、化粧水も乳液も使ってません。ファンデーションも止めてノーファンデです!

そら シンプルスキンケア →



posted by カウンセラー 新藤 at 13:41 | そらスキンケア

ナノ化成分も結局は角質まで

2019年05月31日

日差しが強くなり、シミが気になる季節。さかんにシミ対策化粧品の宣伝がながれていますね!

昔、松田聖子さん、中嶋みゆきさんがCMに出ていたのを覚えている方も多いと思いますが、アスタリフトは、抗酸化成分「アスタキサンチン」からきている製品名と思われます。

つまり、シミ予防、シミに効く、美白効果…に有効な成分は『抗酸化成分』であるということです。紫外線などの影響で活性酸素による酸化が起こる。これがシミのおもな原因です

これに対抗する、阻止する、と言う意味で「抗」酸化成分とよびます。

抗酸化成分にはいろいろあって、ビタミンC、ビタミンE、、ポリフェノールなどがそれです。「アスタキサンチン」もポリフェノールの一種ですが、植物ではなくシャケに含まれています。

asutakisanchin.jpg


生鮭やスモークサーモン買うと、赤い汁がでてますよね。あれです!

活性酸素はただものではない! 4種類もあって肌を攻撃してくる

活性酸素にも種類があって、それぞれ違った手法で肌を攻撃する。だから、それに対抗する「抗酸化成分」もあの手この手で防御しないといけない。抗酸化成分によって、抗酸化力も違うし、活性酸素によって得意なタイプとそうでないタイプとがあります。

puroanntosianijin.jpg


表を見るとわかるが、残念ながらアスタキサンチンは、酸化酵素阻害については期待できない。
それに比べて、ブドウ種子ポリフェノールプロアントシアニジンは、守備範囲が広く抗酸化成分としては優秀!オールラウンドプレイヤーといえる。

アスタリフトでは「ナノ化」成分が肌に浸透して働きかけると宣伝しているが、細かな注意書きを見落としてはならない。※印で小さな字で「角質まで」となっている。
当然のこととして肌にはバリア機能があるわけだから、ナノ化したってシミの原因物質がひそむ「真皮」までは入れない!
入れる成分は医薬品扱いだからね。化粧品には入れられないです。

さらに加えれば、抗酸化成分といえども外から塗っても「角質層まで」。シミ対策も美白対策も、やるなら「なかから」やらないと効果は低い。美容専門家から言わせれば、『外からが2割、中からが8割』。もしこう断言できていない専門家がいたとしたら、美容業界、化粧品業界に荷担しているね。

長期間飲んでも安全安心 なかから美肌「はだのさぷり」
肌に有効な栄養素であるビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、そしてポリフェノールの王様とよばれるプロアントシアニジン が量も豊富に配合されています。※プロアントシアニジンの原料メーカーはキッコーマン

はだのさぷり 詳しくは →

初めての方は、1ヶ月分半額にてお試しいただけます

hadasupotamesi.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 10:53 | 肌に効果的なサプリメント

肌のアラを隠そうとするほどファンデーションは厚くなる

2019年05月22日

数ヶ月前にテレビを60インチの大画面に買い換えました。

「ふれあい街歩き」「新日本風土記」など好きで、景色が広く大きくなって迫力在る画面で見られるようになったのはいいのですが、女性がアップで映ると、たいへん見苦しいのです。

ほとんどの方が、ファンデーションを厚く塗っており、よれてシワが目立っているのです。テレビに映るというのでよけいに念入りに塗っているかもしれません。

これから4Kとかになったらどうなってしまうんでしょうか?!

中年になったらなおさら「素肌を美しくしよう」と考えなければだめだと思います。肌がきたないから化粧で隠そう、という考え方では、ますます肌が悪くなるばかりです。
まず、肌を健康にしてあげることです!

肌を健やかに保つためにもっとも大事なことは、洗顔と保湿!
洗顔は天然性の界面活性剤を使った固形石鹸が好ましいです。広く一般的に普及している洗顔フォームや洗顔クリームには、石油からつくられた合成界面活性剤が使われています。汚れは落ちているようで実際はよく落ちていません。肌の表面にも成分が残りやすいものです。

洗顔は、そらフェイシャル・ソープがおすすめです。
固形石鹸なのに、泡立ちがとてもよく、きめ細かな泡で毛穴の奥までよく汚れがおちます。この石鹸で洗顔するだけで、くすみがとれて、肌の色がワントーン、ツートーン明るくなります!

泡の差.jpg


初めての方は、初回半額でご購入になれます。
そらフェイシャル・ソープ 詳しくは→

sopuotamesi.jpg


さあて、肌がすっきりきれいになったら、今度は保湿!
保湿のためには、化粧水も乳液も、そしてクリームも要りません。肌には自然な成分がいちばんなのです。

化学成分を添加しない植物性の油脂がもっともおすすめです。なかでも、アルガンオイル、シアバターは肌にしみ込みやすく、ふっくらもっちりとさせるので使い心地がいいです。

オイルにありがちな「ギトギト、ベタベタ」がないんです。
シアバターは西アフリカで採れ、アルガンオイルはモロッコで採れます。現地では昔から、肌の手入れにそれぞれのオイルを使ってきた長い歴史があります。

乾燥や日差しから、現地の人達の肌を守ってきたのです。

sianomi.jpg



beruberujinn.jpg


アルガンオイル、シアバターも、初回半額にてお試しになれます。
こちらから →

hangakuotamesi.jpg


siabata-otamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 14:31 | 脱ファンデ脱シャンプー

すっぴん目指すなら石けんで洗顔を!

2019年05月17日

こんにちは、今日もすっぴんの新藤です。
しばらく更新が滞っていまして、すみません。

変わらず元気で、お肌も好調! すっぴん生活続けています。

すっぴんになれる石鹸、など他社さんでも宣伝していますね。成分を見て見ましたら、基本成分が「カリ含有石鹸素地」となっていましたし、化学成分もあまり使われていないので、良いものではないかと思います。

でもお値段がなかなかお高いですね。宣伝もされているようですので、そういった経費も考えると価格が高くなってしまうのだろうなと思いました。

当社の方針として、良い製品(結果がでる)をよけいな宣伝費をかけずにリーズナブルな価格設定で提供する、というのがあります。石鹸のような日用品は、いくら良くても継続しやすい価格でないと使いにくいものです。使い出すと「必需品」になりますからね。

宣伝しないと、世の中に広く知ってもらうことは確かに困難です。でも、肌にお悩みのある方や、化粧品の効果に疑問をもったかたは、真剣に検索し探すと思うんです。

わたしは欲しいものがあると、いつもそうしてます。
「美肌になる洗顔」「石けん洗顔」「すっぴん 洗顔」などで検索してもらったら、当社のフェイシャル・ソープにうまくすればヒットするんじゃないかなと思います。

初めての方は、最初の1個めは半額でご購入になれます。
100gの製品をしっかり試して、お肌の変化を確認してみてください!!
そらフェイシャル・ソープ 詳しくは→

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 11:32 | 脱ファンデ脱シャンプー

角質を厚くしないためにどうしたらいいのか?!

2019年04月19日

「角質をとる」というと、多くのかたは「削り取る」というイメージをもつのだと思います。

かかとのガサガサだけでなく、顔についてもそうです。
角質が肌に居座って厚くなると、顔色が悪くなりくすみの原因にもなります。古い皮膚が居座り続けているためシミも目立ちます。すべすべではなく、ごわごわ、かさかさした感触にもなりますね。
また、角質層が厚くなると、保湿クリームを付けてもしみ込みにくくて保湿効果が薄くなり乾燥がひどくなりがちです。

posted by カウンセラー 新藤 at 11:02 | そらスキンケア