シャンプーは髪や頭皮に悪い

2019年01月29日

シャンプーを使い続けると、このさきも髪や頭皮にダメージを与え続けることになります。

髪の量が歳とともに減ってきた。毛が細くなってボリュームが無くなってきた。髪の毛につやがなくパサパサ。
この原因がシャンプーにあるとしたら…

シャンプーの成分のうち50%〜70%が水。約30〜40%が「合成界面活性剤」(※台所用洗剤に使われているものと同様)です。
残り10〜20%くらいが防腐剤・香料・保湿剤・酸化防止剤・ph調整・コンディショニング剤など。
ドラッグストアの安いシャンプーから、サロンの高いものまで、主成分にそれほど違いはないといわれます。

これらのシャンプーは、頭皮や毛髪に必要な油分を取り去り、キューティクルを傷め、髪をパサパサにしツヤを無くします。そのダメージをごまかすために、油分やシリコンが多く配合され、傷んだ髪や頭皮を覆ってしまうのです。

頭皮の毛穴から化学物質がはいる

頭皮にはおよそ10万個の毛穴があり、体毛より太い毛髪が1ヶの毛穴から3本、4本と生えています。頭皮の毛穴は体毛の毛穴より大きいのです。
そして毛穴は汗や皮脂をそとへ出すための排泄器官で、毛穴からはいってくる化学物質を排泄するバリア機能はありません。

毛髪をつくるところ「毛根幹細胞」がダメになる

3〜4mmの深さにある毛母細胞で髪がつくられますが、この毛母細胞をつくるのが頭皮の深さ1〜2mmの浅いところにある「毛根幹細胞」です。シャンプー成分の毒性により、この毛根幹細胞が傷めつけられると、毛の質が悪くなったり、毛が生えてこなくなったりということが起こります。

touhikouzou.jpg



頭皮がだんだん薄くなり、毛髪が育たない

シャンプーの化学成分の影響で頭皮のバリア機能が侵されます。保湿力をうしなった頭皮細胞は再生する力が衰えてしまうのです。そのため、頭皮の厚さがだんだん薄くなっていきます。
毛髪にとって頭皮はいわば「畑」。豊かな土壌があってこそ植物は育ちますが、そうでなければしっかり根を張ることもできず、育ちません。頭皮が薄ければ、髪にも栄養分が届かず弱々しい毛になり抜けやすくもなります。

頭皮に棲むはずの「常在菌」も死滅


頭皮には多くの常在菌が棲んでいます。皮脂や汗を食べて、酸性物質を出し、頭皮を弱酸性に保っています。そうして雑菌やカビなどから頭皮を守っています。
ところが、シャンプーの防腐剤はこの常在菌を殺してしまいます。
シャンプーは水分が50%以上も入っていて、しかも高温多湿な浴室に置いてあります。それなのに腐らないのは、強力な防腐剤がはいっているからです。

シャンプーを使うほど薄毛になっていく

シャンプーにより頭皮がダメージを受けると、皮脂の分泌がうまくいかなくなります。すると、皮脂をおぎなおうとして皮脂腺が発達してしまいます。毛髪にいくはずの栄養の多くが皮脂腺にとられてしまうと、毛は栄養不足になり十分成長できなくなり、細くて短いうぶ毛のような髪しか生えてこなくなります。これが薄毛の原因といわれます。

髪と頭皮に悪いシャンプーをやめて、石けん洗髪にしませんか!

そらフェイシャル・ソープは、簡単に弾力のある泡がたつので石けん洗髪にむいています。
髪もさらさらになり、頭皮もすっきりします。

そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
初回半額でお試しになれます。

sopuotamesi.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 13:18 | 脱ファンデ脱シャンプー

30代40代肌が劣化する原因は、ターンオーバーの遅れ!

2019年01月28日

若い頃はとくべつなことをしなくても肌がキレイだったのに、30代過ぎたあたりからシミ、しわが気になってきた、という方が多いと思います。私も同じです。

毛穴の開きが目立ち、肌の色もなんとなくくすんできて、ハリがない。肌に若さが失われていく感じですね…。

肌の新陳代謝をターンオーバーといいますが、若い頃はだいたい1ヶ月くらいで肌が入れ替わっていました。ところが、年齢とともにターンオーバーに時間がかかるようになります。

30代40代では倍の2ヶ月、60代にもなれば3倍ともいわれます。体全体の代謝も悪くなっていますし、化粧品や紫外線によるダメージの蓄積も影響しているでしょう。

肌の乾燥もターンオーバーを遅らせる一因です。油分と水分をうしなうと皮膚細胞は固くなり、古い角質がはがれにくくなり、若い細胞がおもてにあらわれにくくなります。メラニンも居座るのでシミにもなりやすい。

歳をとってもなるべくキレイでいるためには、保湿をして肌の乾燥をふせぐことと、肌の代謝にやくだつ栄養を積極的に摂っていくことが重要です。

新しい肌はからだの中から生まれてくるので、肌に関係する栄養が不足していては、どんなに外から手入れをしても肌はよくなりません。

kihon.jpg



栄養で大事なのは、抗酸化成分であるポリフェノールとビタミンC。肌のために生野菜や果物をすすめるのはそうした理由です。紫外線やストレスで発生する「活性酸素」はシミの元になったり、肌の老化をすすめます。

代謝をうながすビタミンB群、ビオチンもターンオーバーには大切。

肌が老化してきている… 若い頃と違うなあ… と思ったら、なおさらなかからの栄養補給が重要です!

化粧品にかけている費用を、肌のためのサプリメントにかけたほうがよほど有効です。
化粧品はこれから剥がれ落ちていく角質までしか届いていません。かんじんな表皮には入らないのです。
それよりも、これから表にでてくる肌そのものを良くしていかなければ、きれいにはなれません。そのためには肌に有効な栄養を十分に摂ることなのです。

肌のための栄養をそろって配合しているのが「はだのさぷり」
初回は1ヶ月分半額でお試し


HPTIMAGE.jpg


hadasapuseibunn.jpg
posted by カウンセラー 新藤 at 11:08 | 肌に効果的なサプリメント

化粧品に使う「お金」「時間」もったいない

2019年01月25日

もし「化粧品」を使わなくてもすんだら…
と考えてみたらどうでしょう?

化粧品を買うための費用。毎日それを使ってメイクするために費やしている時間(夜はそれを落とす時間も)。
考えたらぼう大ですね。

私自身、そらスキンケアに切り替えたことをきっかけに、いまや「ノーファンデ、すっぴん生活」となりましたが、それはここ3年くらいのこと。それ以前は化粧水や乳液も使っていましたし、ファンデーションも塗っていました。ファンデーションひとつ買うにも3千円くらいはしていたことを考えると、今はいろいろな面でラクです。

そらのスキンケアは「化粧品」ではないです。「洗顔」と「保湿」を軸としたまさに「肌の手入れ」のためのもの。洗顔は固形石鹸で、保湿はアルガンオイル、シアバターで行います。

そら流スキンケアのすすめで、私のようになったお客様も増えてきました。化粧品を使っていた頃よりも肌がキレイになり、乾燥肌も改善されたという声も多くきかれます。

わざわざ高いお金を使い化粧品をつけて、毎日めんどうなメイクをして、肌を悪くしていると思うと、まったくなんということなんでしょう?!

かくいう私も社会人になって50代になるまで、これを繰り返してきたのですから人のことは言えません。

でも自分がやってみて、わかったこと、確信できたことは、何歳であっても『化粧品を止めて、ノーファンデ』にしたら、今よりは肌は悪くなったり老化がひどくなったりはしないということ。
さらに洗顔と保湿をそら流で行っていったら、きれいな肌は取り戻せます。

3点製品写真.jpg


50代半ばでもノーファンデ可能です。
プロフィール上半身.jpg


そらスキンケア製品は、初回半額でお試しになれます(送料当社負担)
そら製品お試し →




posted by カウンセラー 新藤 at 10:24 | 脱ファンデ脱シャンプー

スキンケア化粧品では、肌のケアになっていない

2019年01月24日

スキンケア化粧品を使っても、肌はよくならないこと。化粧品をやめてみて、つくづくそれが分かりました。

スキンケアとは文字通り「肌を手入れすること」ですね。多くの女性はきれいになりたくて、いろんな化粧品を顔につけます。つけることで肌がよくなるし、老化も防げると期待してるはず。

でも違ってました! スキンケア化粧品は逆に肌を悪くさせています。なぜなら「化粧品」には、化学成分がひじょうに沢山配合されていて、それらが肌に及ぼす害が大きいのです。肌は自然のものだから、化学物質は本来受け付けません。

もともと肌には自ら守ろうとする力があります。皮膚内部に有害物が入り込まないようにするための「バリア」もあります。肌を雑菌からまもったり、弱酸性に保ったりしてくれる「常在菌」も棲んでいます。肌が乾燥してくれば皮脂を分泌して、潤いを保ちます。

スキンケア化粧品をつければ、これらの働きを無視して、バランスを崩し、逆に肌を悪くさせる循環へと向かいます。

肌にとってほんとうのケアになることとは、毛穴の汚れまできっちり落とす「洗顔」と乾燥から守る「保湿」です。

「洗顔」には石けんが好ましいです。広く使われている洗顔フォームは、化学成分が毛穴に残りやすく、汚れがきちんと落とせていません。洗顔後にヌルヌルとするのは「潤い」なんかではなくて、肌に残された界面活性剤と考えられます。

泡の差.jpg


★ おすすめなのは、そらフェイシャル・ソープでの洗顔です。特徴成分であるチタンペーストが練り込んであるため、弾力のあるとてもキメ細かい泡がたち、泡がへたりにくく、毛穴のよごれをよく落とします。

初めてのかたは半額お試しがあります。
そらフェイシャル・ソープ 詳しくは →
製品写真.jpg


洗顔後は保湿が重要ですが、ここでも乳液やクリームなどは好ましくありません。とにかく「化粧品」では肌のために良い手入れにはならないからです。肌は本来、自分の皮脂で皮脂膜をつくっているわけですから、なるべくそれに近い働きのものが向いています。

★素肌に直接つけられて、吸収がよくてべたつかないという特徴をもつ「アルガンオイル」。洗顔後のケアは、アルガンオイルだけで十分問題ありません。
冬は空気がひどく乾燥していますので、アルガンオイルを塗ったうえに、さらにシアバターでフタをするというやり方がよいと思います。シアバターは植物オイルのなかでダントツにステアリン酸が多いので保湿力が長くもちます。

アルガンとシアバター組成.jpg


アルガンオイルはヨーロッパでも人気が高い高級オイル。キメをととのえたり、ふっくらとはりのある肌が取り戻せると定評があります。
少量でのびがよく、付け心地がよいのもリピーターが多い理由だと思います。

初めての方は半額でお試しになれます。
そらアルガンオイル →

製品.jpg


きれいになるには、シンプルが一番でした!



posted by カウンセラー 新藤 at 13:11 | そらスキンケア

肌を乾燥させるとシミもできやすくなる!

2019年01月08日

乾燥肌とシミは、それぞれ別の悩みのようにも見えますが、実はシミの原因には「肌の乾燥」が大きく関係しているのです。

肌がうるおい、ターンオーバーがしっかりしている肌は、皮膚の再生が活発なため、古い角質と一緒にメラニン色素も剥がれやすくなります(シミの主な原因は肌内部にできるメラニン色素です)。

でも、肌が乾燥して角質層が硬く厚くなると、古い細胞が肌の表面にとどまりやすくなってしまいます。そして、ターンオーバーが遅くなり、メラニン色素が肌に残りやすくなった結果、シミの原因になってしまうのです。

◆ 乾燥肌は、加齢シミの元凶

シミの大きな原因は、もちろん紫外線による光老化ですが、次に気をつけなければならないのが肌の乾燥!
年齢が上がるほどシミができやすくなるのも、ターンオーバーの周期が長くなり、肌が乾燥しやすくなるからです。

肌の代謝は20歳前後がもっとも活発で、その後はじょじょに落ちていきます。加齢によるターンオーバーの遅れも避けられません。でも、保湿をして角質層を整えておけば、年齢が高くなってもシミができにくくなります。

◆ 肌の保湿には天然素材の植物オイルがむいています!

皆さんも経験があるでしょうが、保湿効果をうたった化粧品をいくらつけても効果が感じられない。化学成分を多く含むぶん、かえって肌にもよくありません。それよりも、肌には天然性の保湿剤がおすすめです。

天然性の保湿剤としてのアルガンオイルやシアバターは、皮脂に含まれているオレイン酸を多く含んでいるため肌によく馴染みます。吸収されやすく、べたつかず付け心地がよいのが特徴です。

アルガンとシアバター組成.jpg



そらアルガンオイル、そらシアバターはどちらもオーガニック原料使用、低温圧搾法により品質を損なわないようていねいに搾られています。
精製された純度の高いオイルなので、安心して長く使い続けることができます。

製品.jpg


ふたを開けたところ.jpg


初めての方は、初回半額お試しがあります(送料当社負担)
★ そらアルガンオイル →
★ そらシアバター →







posted by カウンセラー 新藤 at 13:38 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

抜け毛はもしかしてシャンプーの害?!

2018年12月07日

食べ物の添加物は、皆さんとても気になると思うのですが、シャンプーにずらずらと羅列された化学成分は気になりませんか?!

頭皮の毛穴は、体の毛穴の何倍も大きく、化学物質が侵入しやすいと言われています。「経皮毒」といって毛穴からはいった化学成分が全身をめぐり肝臓に負担をかけるとも危惧されているんです。

実は私の体験からも、シャンプーって髪や頭皮によくなかったんだなあと思います。

髪や頭皮のためには、石鹸洗髪のほうが良いと知り、脱シャンプーしたのが4年前。切り替えて早い段階でそれまで抜け毛がひどかったのが、ほとんど止まりました。以前はブローしていると足元にたくさんの髪の毛が落ちていましたが、それが無くなりました。

髪の毛の根元、毛根の状態が改善されたのだと思います。抜け毛が減るということは、将来年齢がいったときに薄毛で悩まされる心配がなくなるわけですものね。

中年にさしかかり、薄毛や、髪にコシがなく寝てしまう、なんてお悩みをおもちの方には、脱シャンプーをおすすめします。白髪があまり増えてこないという効果も感じています!

石鹸洗髪には、石鹸なのにふんわり洗える「そらフェイシャル・ソープ」がオススメです。
チタンペーストが練り込んであるお陰で、ひじょうにキメの細かい泡がたちます!
仕上げは「クエン酸リンス」できしむことなくサラサラに洗い上がります。クエン酸リンスは、精製水とクエン酸で簡単につくれます。

初めての方は初回半額でお試しになれます→

製品写真.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 14:45 | 脱ファンデ脱シャンプー

天然そのものでクリームとして使える「シアバター」は特別♪

2018年11月29日

植物からとれる油脂で、体の保湿に使えるものは色々ありますが、とりだしたままの本来の性質がそのままクリーム状というのはシアバターの他にはほとんど見当たりません。

種子から取り出して、不純物を取り除き化学成分を加えることなく精製するだけで、なめらかなテクスチャーのクリームになる、というのは唯一無二なのではと思います。

オリーブオイルなど他の多くの植物性美容オイルは、液体がほとんどですね。

sianomi.jpg


さらに成分の脂肪酸割合にも特徴があります。ヒトの皮脂に含まれているオレイン酸が皮脂とほぼ同率の40%含まれており、ステアリン酸が40%と高い率で入っていることで、肌につけたときに肌表面にオイルのベールを作ってくれます。

シアバター成分円グラフ.jpg


この使用感は化学成分を混ぜ合わせたとしても出来る物ではありません。天然素材100%で付け心地がよく、保湿力がたのもしい。それでいて、アブラをつけたときにありがちな皮膚への圧迫感がない。

すっと肌に浸透していく分と、皮膚表面にオイルのベールとして残る分のバランスがいいのですよね。

顔のクリームとしても優秀ですし、手指の荒れ、かかと、乾燥による体のかゆみ対策としても、シアバターはぴったりです。汎用性が高いのもシアバターの魅力! からだじゅうどこにでも付けられる。

実際に使ってみなければわからないのが、「シアバターの便利さ」です!

初めての方は、半額でお試しになれます(送料当社負担)→

シアバターを手に取る.jpg






posted by カウンセラー 新藤 at 10:38 | シアバター使い方

アルガンオイル、シアバターは品質で選ぶ

2018年11月27日

アルガンオイル、シアバターともに、美容オイルの中では比較的酸化しにくいオイルであるとはいえ、できるだけ油の品質の良いものを選ぶことが大事です。

その時のポイントとして、あまり安価なものは要注意です。「ワケあり」「現品限り」などと注意書きがあって、高い割引率で販売されているものがときどきあります。
必ずとはいえませんが、製造から時間が経ってしまって酸化が心配になると在庫処分が行われることもあるかと思います。

アルガンオイル、シアバターは肌によく吸収して、馴染むので、できるだけ素肌につけたほうが有効なオイル。だからこそ、品質の良いものをつけたいですね。

◆アルガンオイルの品質の見分け方
サラッとした使用感が特徴です。とろっとしていたら、おかしい?と思ってください。それから、つけたあと素早く浸透してべたつかないのがアルガンオイルの身上。そのへんもチェックしてください。

◆シアバターの品質の見分け方
匂いは自然な「シアの実」の香りがします。酸化しているようなにおいがあったら避けてください。シアバターは脂肪酸の比率により、寒いと硬くなる性質があります。こちこちになると、とりにくく使いにくいので、そうならないよう製造上工夫された製品を選ぶとよいです。

アルガンオイルもシアバターも、実際に使い比べてみるといちばん分かります。
初めての方は、初回半額にてお試しになれます(送料当社負担)

●そらアルガンオイル半額お試し コチラ→

製品.jpg



●そらシアバター半額お試し コチラ→

ふたを開けたところ.jpg



posted by カウンセラー 新藤 at 10:59 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

湿度がさがってきたらアルガンオイルで保湿!

2018年11月19日

こんにちは、そらの新藤です。
だいぶ空気が乾燥してきました。唇がひきつる感じや、呼吸がちょっとしずらくなったりしますね。そんな時湿度計をみると40%を切っていたり!

肌にはこの乾燥が大敵なんです。湿度が60%を切ると肌の表面から水分を奪っていくようになるといわれています。肌から水分が奪われると同時に油分も保つことができなくなるため、コラーゲン繊維がゆるんだりしてハリが失われてしまうのです。

この時期「ヒアルロン酸化粧水」などもさかんに宣伝されていますが、まずは本来自分の肌がもっている「油分・水分」を逃がさないようにすることのほうが大事です。油分や水分がどんどん逃げていっているところへ、どんなにヒアルロン酸をつけようと、追いつかないです。

では「保湿は何でするの?」ということになりますが、肌の組織に染みこみやすくて定着しやすいのは、なんといっても自然なオイルです。化粧品の乳液やクリームの成分のほとんどは化学成分ですから、本来肌には馴染みにくいものです。それをしっとりとした触感を感じさせるために、また添加物を加えることになります。

美容オイルといえば、オリーブオイルやスクワランオイルなど色々な種類がありますが、なかでもアルガンオイルはオイルを構成している脂肪酸の割合が肌にとっては理想のバランスになっています。

アルガンオイル脂肪酸組成.jpg



古くはクレオパトラが好んで愛用していたとも伝えられ、またヨーロッパのセレブ達からも支持が厚いオイルです。アルガンオイルはモロッコに自生するアルガンという木の実からとれますが、100gの実からわずか1gしかとれないという貴重なオイルです。

リノール酸を多く含み、オレイン酸も皮脂とほぼ同率に含まれているため、他のオイルのようにべたつくことがなく、すっと気持ちよく肌に浸透します。

しかもアルガンオイルの良いところは、日々のお手入れをこのアルガンオイルでしていくと、肌そのものが変化していくことです。もちもちと弾力のある肌になっていき、毛穴が目立たなくなりキメが整っていきます。化粧品ではなかなかこうはいかないと思います。アルガンオイルならではの効果と思います。

かくいう私も、当社オリジナルの洗顔石鹸で洗顔し、アルガンオイルのみのスキンケアをもう4年続けています。肌が整ったことで、ファンデーションも要らなくなってノーファンデでいられるようにもなりました。
アルガンオイルは皮脂の出も抑えてくれるんですよね。油分・水分を保てるから余分に皮脂を出さなくてもいいんだと肌が判断しているんです。

私のようにすっぴんでもいいし、お化粧を余儀なくされる方はアルガンオイルを塗ったあと薄くお化粧をすればよいです。肌がなめらかなので、ファンデーションも厚くならないし薄付きでキレイに仕上がります。肌の調子がよくなれば、省いていける化粧品アイテムも一つ二つとでてくるのではないかと思いますよ! 経済的ですよね。

まずは実際に使ってみなければ、このアルガンオイルの使用感はわかりません。でも2、3日使うとすぐわかります。夜もたっぷりつけてお休みになってみて! 起きたときの肌の触感違います!!

初めてのかたは初回半額でご購入できるようになりました(送料:当社負担)
お申込はこちら→

製品.jpg





posted by カウンセラー 新藤 at 10:36 | 乾燥肌と保湿とアンチエイジング

「白髪隠し」が化粧直し感覚でできる?!

2018年10月16日

新聞にこんな記事をみつけました。
『白髪 手早く隠す』

普段定期的に白髪染めをしていても、その途中で、生え際や数本あたまのてっぺんにのぞいたりして気になることがありますね。それをマスカラ感覚で色づけして隠すものだそうです。

呼び名が、メーカーによって「ヘアマスカラ」「ヘアファンデーション」「ヘアコンシーラー」とバラバラです。「ヘア」とつけただけだし、なんだか聞いてもピンときませんね。

posted by カウンセラー 新藤 at 13:15 | 脱ファンデ脱シャンプー